キッチンからお風呂、洗面台まで!ショールムを巡って、こだわりのパーツ選び。 | ただいま進行中 | OURHOME X 阪急阪神不動産
イメージ

第3回
キッチンからお風呂、洗面台まで!
ショールームを巡って、こだわりのパーツ選び。

OURHOME主宰、整理収納アドバイザー/Emiです。

この春はじまった
阪急阪神不動産とOURHOMEがつくる
リノベーションプロジェクト
「いつでも”今”にちょうどいい。」家づくり。

立ち上げのきっかけから、
完成までを、全5回にわたってお届けしています。


神戸、阪急王子公園駅から
ゆるやかな坂をのぼったその先にある、
今回のリノベーション物件。

物件選びから
間取り決め、内装から配置する家具収納用品まで(!)
ひとつひとつ選ばせていただいています。

ここまで関わらせていただけてとても感謝です^^

・プロローグ「OURHOMEがリノベプロジェクトをスタートしたきっかけ」
・第1回「ようやくリノベーション物件が決まりました!」
・第2回「家族みんなが協力できる間取りってどんなもの?」

第3回目の今回は、
「ショールーム巡り!」

一番楽しかったけれど、
一番体力的に疲れたのがこのショールーム巡り…。

きっと、
ご自宅を新築されたり
リノベーションを経験して、
ショールームに行かれたことのあるみなさんは
「わかる~~!!!」となるかもしれません^^;

さて、
関西で、ここに行けば、
いろんなショールームが揃っている!のが、
JR大阪駅すぐのグランフロント大阪。

初日は、

●キッチン
●お風呂
●トイレ

を見ることになりました。

イメージ

あるショールームに到着すると、
入り口に分刻みで、お客様との打ち合わせ時間がボードに表示されています。

あ!あった!

【13:30 OURHOME様】

なんだかドキドキしてきました。

他の方はどんな方が見にいらしているのかな?と見回すと、

・泣いている赤ちゃんをおんぶしながら打ち合わせしているママ
・お風呂設備を見に来られている年配のご夫婦
・キッチンのパネル素材をどれにしようか選んでいるお母様と娘さん

みなさん、
「うーん、うーん、どうしよう…」と
あっちを見たりこっちを見たり、すごく悩まれています^^;

イメージ

わたしも、
まず実際にショールームで【標準タイプのキッチン】を
とても丁寧に説明していただいたのですが、

うーん…
どうしよう…

写真にうつるわたしの顔を見ていただいてわかるように、
ピンときていません^^;

まずキッチンに関するひと通りのお話を伺って一旦保留することに。

今度は【お風呂】を選びます!

イメージ

一度、ショールームにあるすべての実際のお風呂を見せていただいたあとに、
こんなミニチュアサイズのサンプルを使って、

●壁の色
●床の色
●浴槽の色

などを決めていくことになりました。

私の顔は晴ればれ~。笑。
ミニチュアの組み合わせが、楽しい~!

お風呂は、とにかくシンプルさと掃除のしやすさが一番大事!だったので、
とてもすんなり決まりました^^!

ずいぶん端折っていますが、
ここまでで大体2時間程度…。

イメージ

ショールームでの金額の見積もりを待つ時間で、
今度は「床素材」の打ち合わせすることになりました。

イメージ

床素材は、
今回のリノベ予算ともちろん相談ですが、

「無垢材」にこだわりたかったのです。

無垢材とは、
いわゆる天然の木材から切り出した一枚板を加工したもの。

わが家は中古マンションを購入し、
もともとは「シートのフローリング」なのですが、
その素材感が苦手で「タイルカーペット」を敷き詰めています。

その経験から、
OURHOMEのオフィスは、杉の無垢材を選び、とても気持ちがよく、夏は裸足で歩きたくなる!
やっぱり天然の素材は気持ちがいいな~というのをずっと感じていました。

そんな経緯があり、
今回のリノベ物件は、ぜひ「無垢材で!」と思っていたんです。

でも、住んでいただく想定のコンセプトモデルである田中さん
は、夫婦共働きで忙しく、天然の木材の手入れをするには時間的にも気持ち的にも難しそう。

そこで、

【天然の木材の質感を持ちながら、メンテナンス性にも優れた床材】

をプランナー鞍田さんからご提案いただきそちらに決定しました!

イメージ

さてひとつめのショールームを後にし、
今度は洗面台選び。

おしゃれで素敵なショールーム!

気にいるものがすぐに見つけられそう!だと思ったのに、
欲しい幅や奥行き、求めるものを考えると、意外と時間がかかりました。

合計5時間ほどかかって、打ち合わせ一旦終了…。

この日の最後に感じたことは、やはり
今回のリノベ物件で、リビングのドアを開けて一番よく目に入る

「アイランドカウンター」
「キッチン」


に私は強いこだわりがあるのだということ。

保留にしたキッチンは、機能や清掃性はとても良かったのですがもう少しこだわりたいと思い、
オリジナルで造作してくださるメーカーのショールームに足を運ぶことが決まりました。

イメージ

大阪のとある場所にある「キッチンハウス」のショールーム。

一歩、足を踏み入れると、
高級な雰囲気がしてドキドキしてきました。

全てのキッチンのお値段を伺って、これまたびっくり(!)

でも、デザインがとても洗練されていて、
天板素材へのこだわりのお話も伺うと、なるほど納得、なんです。

イメージ

わたしが選んだのはやっぱり
流行に左右されない【シンプルな白のキッチン】

掃除がしやすく
熱につよい天板素材を選び、
取っ手ひとつにもこだわって選びました。

イメージ
イメージ

これは、床素材の色目や
アイランドカウンターとの相性を選んでいます。

もう顔が真剣!
わたしは考えだすと、口を真一文字に閉じる癖があります。笑。

イメージ

さあ、この日も5時間ほどかかって
もろもろの打ち合わせが終わりました。

みんなほっと笑顔!

阪急阪神不動産のプランナー、企画担当さんも
毎回こうしてわたしの細かいこだわりに付き合ってくださり、
いろいろとご提案をいただけて感謝です。

すべては、
今回のリノベ物件にお住まいになる方のため^^!
(もちろん、現在お住まいのご自宅のリノベご相談も承っています^^)

次回は、いよいよ工事着工の様子をお届けします!

第4回目のブログへ

整理収納アドバイザー/Emiさんが間取り相談にのり、ご自宅をリノベーションするプランもございます。
詳しくはこちらから