大阪・兵庫・京都で展開する阪急阪神不動産のリフォームサービス

menu

リフォーム体験記

トラディショナルファニチャーが似合う凛とした暮らし
マンション

大阪府豊中市 M様邸

リフォーム事例写真
■ 家族構成:
2人(ご夫婦)
■ 築年数:
29年
■ 間取り:
3LDK→3LDK+納戸
■ 施工面積:
89㎡
■ 工事期間:
約60日
■ 工事金額:
非公開
Before
before図面画像

After
after図面画像
住み替えるか、リフォームかを考える

住んでいるマンションが築30年近くなり、「住まい」について本腰を入れて考えるようになりました。新しい場所へ引っ越すことも考え、今の立地条件、生活環境、マンション自体の設備や管理体制などを総合的に考えました。色々な条件を比較していくと、改めて私たちがこの住まいを多角的にも気に入っていることに気づかされました。結局、今の住まいに勝る場所が見つからず、それなら今の住まいをリフォームしよう、ということになりました。

「阪急阪神のリフォーム」を選んだきっかけ

こちらのマンションは阪急阪神さんの分譲マンション「ジオ」だったので、リフォームも同じ会社位に依頼してはどうかなと検討を始めました。たまたま阪急うめだ本店で開催されていた「リフォーム&リノベFESTA」に参加させていただいたのをきっかけに打ち合わせを重ねました。分譲と同じ会社のリフォームなら、私たちのマンションのことをよくご存知だろうと思ったので、工事を依頼することにしました。

リフォーム事例写真
間取りを変えずに収納を増やしたい!

今の間取りは気に入っていて、不自由は感じていませんでした。でも、収納には不満がありました。玄関の物入はそれなりの広さがあるのですが、うまく活用できていなくて場所はあるのに、収納量が少なく感じる場所でした。良くある和室の押入も。広さはあるけれども、使い勝手はあまり良いとは言えない。結局、収納しきれないものが部屋に出てくるという悪循環な状況でした。今回のリフォームで担当の石倉さんにお願いしたことの1つは「間取りを変えずにいかに収納量を増やす」こと。どんな提案をしてくださるのかとても楽しみでした。

“我が家”のイメージを膨らませてくれるリフォームアドバイザー

梅田で開催されていたリフォームイベントで担当の石倉さんにお会いしてから、現地調査や打ち合わせでお話しする度に感じていたことなのですが、「石倉さんは、“我が家”のイメージを大切にしてくれている」ということです。こちらの服装やちょっとした言葉や雑談にも気を留めてくださっていたんだと思います。そう感じたので、私たちも遠慮せずに、できる限り、思っていることや感じていることなどをお伝えするようにしました。ご提案内容の至る所に「希望通り」「イメージしていたもの」が散りばめられていて、とても嬉しくなったのを覚えています。例えば、リビングの床材は私たちの希望をお伝えしてご提案頂いた商品です。色合いや木目などもイメージ通り過ぎて・・・リフォームがとても楽しくて格別なものになった瞬間でした。

リフォーム事例写真
大切に使ってきたタンスの定位置

我が家は本当にモノが多かったんです。和室にタンスが置いてあったり・・・。せっかく広さのある和室なのにもったいないなと思っていました。担当の石倉さんから、押入と床の間のスペースを使って収納スペースをリセットする提案を受けました。出来上がった収納は布団などを仕舞えると、和室に鎮座していたタンスたちも丸々置けるクローゼット。タンスの上に棚も設置してもらい、空間を余すことなく使える収納仕様にしていただきました。私たちも不要なものは処分するという「大断捨離」を頑張りましたが、収納するもののサイズを確認して綿密に計画を立ててくださったおかげで、和室はスッキリと片付きました。これなら来客時に躊躇することなく、和室へお通しできます。

お気に入りのLDK空間で過ごす時間

どの部屋も同じように気に入ってはいるのですが、やはりリビングダイニングにいる時間が一番長く、一番寛いでいる時間です。以前はこのリビングダイニングの壁際に大きな食器棚を置いていたのですが、今回のリフォームを期に思い切って処分しました。おかげで広い壁面が見えるようになり、担当の石倉さんに「ピクチャーレールを取り付けてはいかがでしょう?」と勧められました。空間にゆとりができたことで「どんな絵が合うかな」「テーブルクロスはどうしようかな」と、プラスαの要素を考えて選ぶ愉しみができました。そしてキッチンには私の楽しみと癒しが隠れています。実は一部に“大人可愛いムーミン柄クロス”を貼っていただきました。私は北欧が大好きで、旅先で購入した雑貨やこのムーミンのイラストとか、そういったものを飾る場所をモノと調和する雰囲気になるようにと選んだものです。でも家全体を考えるとテイストが異なるので控えめな柄と色を意識しているのであまり目立たせないようにしています。コンロ前に立つ私だけの楽しみになっています。

リフォーム事例写真
最後まで付き合ってもらった商品選び

リフォームでは色んな商品選びがあり、その都度迷うことが多くありました。キッチンのコンロの位置を変更したのですが、この動線の変化に戸惑うかなという心配がありましたが、すぐに慣れて以前よりも快適に使っています。鏡面の扉は清掃がしやすいく、色も好みの赤が見つかり、LDKにも似合う色会いだったなと思います。洗面化粧台も使いやすくなりました。もちろんお風呂も。正直なところ、とても悩みましたが、担当の石倉さんは、その悩みや迷いに最後まで付き合ってくださって、とてもありがたかったです。

テーマを決めてクロス選び

壁紙を選ぶのは悩みはしたもののとても楽しい時間でもありました。本当にたくさんの種類の壁紙があって驚きました。それぞれの空間ごとにテーマがあるんです。書斎として使っている洋室は「サファリ」がテーマです。お見せできないですが、クローゼット中にはフラミンゴ(柄クロス)が隠れています。トイレは「粋」。大胆な花柄とダークオークを組み合わせました。友人には「粋な柄で素敵。」と褒めてもらいました。洗面所は「ノスタルジック」。さりげない小花柄がとても愛らしいクロスです。カーテンも各部屋のイメージにあわせて新調しました。一つ一つをすごくこだわって選んだので、仕上がったときの感動も一際でした。

リフォーム事例写真
リフォーム後の家を見て思うこと

完成後の家に足を踏み入れた時、「おおお〜〜〜!」と満足な気持ちが、まず湧き上がってきました。大切に使ってきたトラディショナルな家具に合う、私好みのこだわりの色調空間。こんな空間でゆったり落ち着いて暮らしたいと思っていた理想そのものが目の前にありました。希望が叶い、とてもとても満足です。

リフォームを考えている方に伝えたいこと

私たちには「こうしたい」というリフォームへの思いはありましたが、それを形にするにはやはりプロにお願いしないと無理だったと思います。漠然としたイメージだけをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、まずはショールームやリフォーム会社などに出かけて言葉にしてみるととても良いと思います。色々と話をすると、コーディネーターさん・アドバイザーさんなどの担当者が思いをより具体的に、形にして表現してくださると思います。私たちにとって、担当の石倉さんがそうであったように。そんな担当者に会えれば、とても素敵なリフォームが実現できると思います。

リフォーム事例写真
この事例についてもっと見る
REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY
実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0012-8984-90営業時間 10:00~18:00(水・日曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら
リフォームのアイデア更新中
フェイスブック
インスタグラム
採用情報 協力工事店募集

資料請求

お見積り
ご相談

トップへ戻る
資料請求 お見積りご相談