大阪・兵庫・京都で展開する阪急阪神不動産のリフォームサービス

menu

リフォーム体験記

兵庫県宝塚市 F様邸
マンション

見えない部分まで一新した、これからを見据えた住まい

リフォーム事例写真
■ 家族構成:
2人(ご夫婦)
■ 築年数:
31年
■ 間取り:
3LDK+WTC
■ 施工面積:
76.9㎡
■ 工事期間:
約75日
■ 工事金額:
約1,480万円(税込)
Before
before図面画像

After
after図面画像
【住みなれたこのマンションにこれからも暮らしたい】

結婚すると同時に購入したこのマンション。もう築30年を超えました。ロケーションが良く、陽当たりと南北の風通しが自慢の我が家です。2人の子供、娘と息子に恵まれて子育てもすべてがここで完結しました。もうそれぞれに結婚し、離れて暮らしていますが子供たちにとってのふるさとと言えばこのマンション以外にはなく、巣立つ以前の記憶や思い出はすべてがここにあるのだと思います。子供たちが独立して家族形態も夫婦二人に変わりました。今後の暮らしや住まいのことを考えたとき、確かだと感じられるのは「これからもずっとここで、このマンションで暮らしていきたい。」という思いでした。これからの夫婦の暮らしを描くために、そして経年とともに劣化していくマンションの不安を解消して安心を得るためにもリフォームが必要だと考えました。

【3年前はキッチンを新しくしたいと考えていました】

実は3年程前にすでにリフォーム相談を阪急阪神不動産(当時阪急不動産)にお願いしていました。当初は古くなったキッチンを新しくしたいという妻のリクエストに応えようとはじめた相談でした。そのときに阪急阪神不動産からはキッチンだけでなく間取りも含めて全面的に見直してみてはと、プランも具体的に提案してもらっていたのです。それはすこし中断して時間が経ちましたが、その間にマンションの管理組合から『給排水設備の大規模改修のための劣化診断の結果、通常の経年劣化が進んでいます。今後は活性ナノバブル水による洗浄を定期的に行うことで維持していく予定ですが、リフォームをされる場合は、できるだけ給排水管設備を含めて更新を推奨します。』との考え方が示されました。ならばこの際にしっかりやり直し、この先10年、20年、それ以上も安心して住めるようなリフォームを実行しようとなりました。以前にいただいた提案をベースに今回の全面リフォームがスタートしたのです。

リフォーム事例写真
【思いを伝えるとそれを想像以上のプランにしてもらえる嬉しさ】

「キッチンを美しく機能的に」「明るく開放的な空間に」「収納容量を拡大」「配管・配線類を見直し」大きなテーマ(要望)はそういうものでした。他にも「できるだけ引き戸に」「ウォークスルークローゼットに」「キッチンを2WAYに」などがありました。それらをお伝えすると物理的工事可否も含めて毎回きちんと反映されたプランを図面にしてわかり易く提案いただけました。“ああ、そんなこともできるんだ。”“それは気が利いている”と思いながら打合せしていたのを覚えています。たくさん挙げた要望の中で最終的に実現しなかったのは2WAYキッチンくらいで、それも『物理的制約がある中で、他のスペースの納まり方に悪影響しかねない」という説明が根拠をもって示されたからでした。無理に実現しても良いものにならないと納得して見送りましたが、今は2WAYにしなくてむしろ良かったと思っています。引き戸を見切りや段差の出ない天吊りのタイプをご提案いただくなど、要望を形ににするだけでなく、快適に暮らせる提案をしてもらえたことも嬉しい思い出です。

【機能性だけでなく内装にもこだわりを】

キッチンの収納やテレビ台などはキッチンメーカーのカップボードや家具の購入で考えていましたが、壁全面に造作してもっと機能的なものにしましょうと提案をいただきました。結果はお願いして大正解。まったく無駄がなく室内全体として統一感のある美しさと大容量を兼ね備えた収納が完成しました。テレビ台の造作では天井との間に間接照明を設置していただき部屋全体の雰囲気もとても良くなったと喜んでいます。白を基調に明るい室内を目指していただいたコーディネートも、ただ白ばかりを使うのではなく、風合いや質感に一工夫があったり、部分的にパステルカラーや柄もののアクセントクロスを利用したりと、明るさだけではなくさりげない華やかさも演出していただけました。しっかりとした根拠があって、そのすべてに納得のご提案でしたので本当に安心してお任せすることができました。

リフォーム事例写真
【施工中は住まいのことをよく知れるいい機会でした】 

仮住まいが運良くとても近いところでしたので、工事が始まってからは毎日のようにその進行を見にいくことができました。以前の内装が取り払われて一旦スケルトン状態になったときに、壁や天井や床の中にあって、これまでまったく見ることのなかった配管や配線があらわになりました。配管配線されていることは頭ではわかっていましたが、実際にはどこを、どんなものが、どのように通っているのかはまったく知らなかったと気づかされました。それと同時に、この機会に憶えておかないといけないことだと感じました。仕上がってしまうとすべてが壁や床の中、見えなくなってからでは遅いのです。時代は進み、今では壁の中には給排水管や電気線だけでなく、光通信ケーブルなども通されています。今回の経験でマンションにおいて自分の住まいをよく知ること、そしてそれは躯体や仕上げだけでなく、見えない設備に至るまで知っておくことが、集合住宅であるマンション自体の資産価値を長く守っていくためにとても大切なことではないかと考えるようになりました。とても勉強になったと思います。

【今回のリフォームで得たもの】

リフォームによってこれからの暮らしにマッチした住まいを得ることができました。また、望んでいた室内の明るさや美しさ、使い勝手の良さも。それらは阪急阪神のリフォームスタッフのお力によってとても高い水準に仕上げていただけたと感謝しております。それと同時にこれからの住まいを、暮らしを、より良いものにしていくために深く考える「きっかけ」をいただきました。家族にとってこの住まいが何であるのか。ここでこれからどういう暮らしを描いていくのか。たくさんのことについて考えることになったと思います。結果として、夫婦でここにずっと暮らし続けたいという素直な要望を指針にすることができましたし、それはほぼ叶うことにもなったのではないでしょうか。 正月には子供たちもこの新しくなった実家に帰省してきます。明るくきれいになった家には、まちがいなく驚いてくれると思います。そしてこれから子供たち家族とこの家のことを大切に思う気持ちを共感できれば、それはなによりも嬉しいことだと思っています。

リフォーム事例写真
この事例についてもっと見る
REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY
  • リフォームの進め方
  • リフォーム体験記
  • スタッフ紹介
  • よくあるご質問
  • オフィシャルブログ
実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0012-8984-90営業時間 10:00~18:00(水曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら
リフォームのアイデア更新中
フェイスブック
インスタグラム

資料請求

お見積り
ご相談

トップへ戻る