中古マンション・戸建選びとリノベーションで自由な住まいづくり。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急阪神不動産の「リノブルーム」

MENU

リノブルーム公式ブログ

リノブルームのスタッフを紹介します!リノベーションプランナー・太田 梨菜

こんにちは、阪急不動産「リノブルーム」です。
今回は、リノブルームに新しく仲間入りした女性プランナー、太田をご紹介いたします。

 

太田様①

 

―入社の経緯は?
家を作ることに興味があって、関西の大学で建築デザインを学びました。
卒業してからしばらくは地元の静岡に戻り違う仕事に就いていたのですが、「やっぱり作る仕事がしたい!」と思って大工見習いに。リフォームを手がける大工さんのところで、住み込みで働いていました。現場に携わる中でリフォームの面白さを知り、リフォーム会社へ転職。その後、結婚を機に関西へ引っ越すこととなり、阪急阪神不動産へ入社しました。もともとインテリアや住空間に興味があったことから、リノブルームのホームページを見て「楽しそう!」と感じたのが入社を希望した理由です。

 

太田様④IMG_6475

 

―実際に入社してみて?
先日、はじめて設計を担当させてもらいました。とにかく、「楽しかった!」の一言です!はじめての設計なので、やりたいことが盛りだくさんで困るほどでした。
また私は、入社してからプランナーデビューするまでの2年間、現場を知るために生産管理を担当していました。生産管理は、当社独自の施工基準にのっとって施工が行われているか、現場をチェックして指導する役割なのですが、これは、他の会社ではなかなか見られない珍しい仕組みだと思います。「しっかりしている会社だな」と改めて実感しましたし、そんな会社で、遊び心のあるリノベーションに携われることが嬉しくて、入社して本当によかったと思っています。

 

太田様②

 

―趣味やプライベートの過ごし方は?
最近引っ越したばかりで、つい先日、自分で床を張りました。もちろん主人も手伝ってくれたのですが、のこぎりは大工出身の私が担当。大工の仕事を離れて以来かなり久しぶりだったので、全身筋肉痛になりました…。

 

―今後の目標は?
ご依頼をいただくお客様の層がとても幅広いので、どのようなニーズにも応えられるような、いろんなバリエーションのプランをご提案できるような、敏腕プランナーになりたいですね!
そのためにも、まずは1日も早く一人前のプランナーになれるように経験を積んでいきたいと思っています。

 

太田様③

2018年04月24日 Posted by スズキ

子育てファミリー必見!子供の成長にあわせたフレキシブルな住まいづくり

こんにちは!リノブルームコーディネーターの小坂です。

リノブルームでは、小さいお子様がいらっしゃるご夫婦からのご依頼も多くいただきます。
そんなご夫婦が住まいづくりで悩まれるのが、“子供部屋”をどうするかということ。

確かに、お子様がまだ小さい、生まれたばかりという場合、子供部屋を使うようになるのは何年も先の話。それまでは“物置状態”になっていることがほとんどです。
限られたスペースを有効に使えないなんて、もったいないですよね。

そのため、
「最初から子供部屋を作るよりも、当初はリビングを広くとっておいて、必要になった時に部屋を分けられるようにしておこう。」
「子供部屋を作るとしても、そんなに広くする必要はないかもしれない。」
というような方向性で家づくりを進められるお客さまが多い傾向にあります。

また、特に子育てファミリーにおすすめしたいのが玄関収納です。
ベビーカーを置いたり、外用のおもちゃを収納したり、ハンガーをつけて保育園のグッズをかけたり…。玄関がスッキリ片付くのはもちろん、使い方次第で、忙しい毎日のストレスも軽減されますよ!

6-1

6-2

6-3

6-4

6-5

お部屋をスケルトン状態にして、ゼロからゾーン分けできるのがリノベーションです。
いくつ部屋を作って、それぞれをどんな広さにするのか。すべてが自由です。

そのため、リノベーションをご検討中のみなさまには、お時間の許す限り完成見学会に足を運んでいただいて、図面ではわからない空間の広さを“体感”していただきたいと思っています。

見学会でご覧いただくのは、施主様の思いやこだわりがリアルに感じられるお家です。参考になる部分がたくさんあると思います。

同じ広さでも、感じ方は人それぞれです。
「子供部屋は、4帖で十分かも」なのか「いやいや、4帖は狭すぎる」なのか。
「クローゼットの広さはこれぐらい必要だな」「いやいや、こんなに必要ないな」なのか。
実際に空間を感じていただくことで、ぼんやりとしていた方向性が徐々に定まっていくはずです。

完成見学会の情報はホームページやSNSで発信していきますので、ぜひチェックしてくださいね!

2018年04月19日 Posted by スズキ

お客様の声(伊丹市S様)/“利便性”と“こだわり”の両方を実現!素材感にこだわった“北欧スタイル”のお家

こんにちは!リノブルームプランナーの鞍田です。

大胆な間取り変更と、細部にまでこだわった素材選びで理想の住まいを実現された伊丹市S様からのお声をご紹介いたします。

5-1

「家を持つなら自分好みの住まいにしたい」という思いがあり、また、共働きの私たちにとって利便性も譲れないポイントだったため、住みたい街で自由な家づくりができる中古×リノベ」に興味がありました。

ただ、物件探しから契約、プランニング、施工、ローンの手続き…と、それぞれを別々にお願いするのは手間も不安もあったので、すべてワンストップでできる会社はないかと探すように。ワンストップであることはもちろん、「住みたい」と思う阪神間エリアに強いイメージのあることから、阪急さんに依頼することに決めました。

自分たちなりにエリアは考えていたのですが、予想外にご紹介いただいたのがこの伊丹の物件でした。

南向きという条件も重視していたのですが、この物件には、南面に窓がありません。ただ、内覧の際にその明るさ、見晴らし、風通しの良さを体感し、「これなら南にこだわることもないな」と。思い込みで探していたら、きっと出会えなかった物件だと思いますし、希望の間取りが実現できるかどうかもふまえた上でのご紹介だったため、安心感もありました。

5-5

5-7

妻が一番こだわっていたのはキッチンを中心とした間取りです。「勝手口を作りたい」という願いは見事に叶い、玄関に設けた土間スペースから直接出入りができるキッチンが実現。「家事動線を短くしたい」「廊下面積をできるだけ小さくしてLDKを大きく」「居室は3室」という要望もすべて叶いました

私がこだわったのは素材感です。ウォルナットの無垢フローリングやキッチンまわりのタイル、ポーターズペイントの塗装で仕上げたリビングの壁、真鍮のドアノブ…などなど、お気に入りの家具との相性も考慮して選びました。プランナーさんにもいろいろと良いアドバイスをいただき感謝しています。今後も家具を揃えていくのが楽しみな空間になりました。

5-2

5-6

5-3

5-4

いかがでしたか?
利便性”と“こだわり”のどちらも叶える「賢い住まい選び」を実現されました。ぜひ皆さまも参考にしてみてくださいね。
S様、ありがとうございました!

【この記事の完成リノベーション事例はこちら】
http://8984.jp/renovation/works/entry-1339/

2018年04月17日 Posted by スズキ

阪急・阪神沿線の住みたい街さんぽ9駅目は、阪急千里線「山田」駅!

こんにちは!リノブルームの自称公式キャラクター「リノブルーマー」が理想の住まいを求めて阪急・阪神沿線の街をおさんぽする「阪急・阪神沿線の住みたい街さんぽ」。今回は、阪急千里線「山田」駅前編です。キッズにも人気の和菓子屋さんや1日中楽しめるお風呂屋さんを見つけましたよ♪

http://8984.jp/renovation/sanpo-17/

BLOGvol12

2018年04月12日 Posted by スズキ

寒かった今年の冬を教訓に…住まいの寒さ対策について考えよう!

こんにちは!リノブルームコーディネーターの小坂です。

4月に入り、ようやく過ごしやすい季節になりましたが、今年の冬は本当に寒かったですね!記録的な大雪に見舞われたり、観測史上最低の気温を記録したり…。

ただ、どれほど寒い冬を経験しても、暑い夏が過ぎ、秋がやってくる頃には、「昨年の冬はどんな寒さだったかな…」と思うことはありませんか?

そこで今日は、寒かった冬を忘れないうちに、次に訪れる寒い冬に備えて、住まいの寒さ対策について考えてみたいと思います。

住まいの寒さを左右する要因の一つは”。これは、暑さも同じです。

窓から入り込む冷気や熱が、室内の温度に大きく影響します。
そのため、近年、断熱性能に優れた複層ガラスや樹脂サッシなどが多く採用されるようになりました。

3-1

ただ中古マンションの場合、共用部にあたる窓を自由に変更できないことが多く、これが、「中古×リノベ」の唯一の難点といってもいいかもしれません。

 

では、寒さに耐えて暮らさなければならないのか…。もちろん、そんなことはありません!
窓自体は変えられませんが、内窓(インナーサッシ)をつけることによって、断熱性能はぐんと高まり、快適な住まいが実現します。

3-2

寒いのだけは絶対にイヤ!

そんな方には、最初から内窓を検討されることをおすすめしますが、新しく暮らすマンションが、今お住まいのお家と比べて寒いか暑いかは、実際に住んでみないとわかりません。
内窓は後付けが可能ですので、特別な対策が必要なのかどうか、一冬、一夏を越してみてから考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

また、マンションにおいて比較的人気の高い角部屋ですが、実は角部屋には窓が多いため、他のお部屋にくらべて寒くなりがちです。
そして、お察しの通り、北向きのお部屋が南向きに比べると寒いのも事実

3-3

「暑さは我慢できても、寒さがどうしても耐えられない!

そんな方は、角部屋以外の物件をご検討されることをおすすめします。

 

ぜひ住まいづくりのご参考になさってくださいね!

2018年04月10日 Posted by スズキ

人気整理収納アドバイザーEmi主宰の「OURHOME」と阪急阪神のリノベーションがコラボレーション!

こんにちは。企画担当の橋本です。

 

本日はうれしいお知らせです!

 

この度、阪急阪神のリノベーションは、阪神間を中心に活動され、幅広い世代に支持されている整理収納アドバイザー「OURHOME」Emiさんと協業することになりました。

2-TOP1

------------------------

OURHOME

整理収納アドバイザー/Emiが、2008年ブログ「OURHOME」を開始。
「みつかる、私たち家族の”ちょうどいい”暮らし」をコンセプトに、
現在はママスタッフ8名と整理収納、子どもと一緒の暮らしのアイデアを日々発信。
大手通販会社での商品企画の経験を活かし、フレキシブルに使える家具や収納アイテムなど、オリジナルのものづくりも行なっている。

これまでに著書10冊、NHKなどメディア出演多数。
HP https://ourhome305.com
Instagram https://www.instagram.com/ourhome305/

------------------------

 

ご家族のこと、子育てのこと、整理収納のこと、いつも等身大で綴られているEmiさんのブログは共感できるところばかり。

今後Emiさんに「中古×リノベーション」の体験記をブログで発信していただきます!

スタッフ一同、今回のコラボをきっかけに「リノベーション」をより身近に感じていただきたいなと思っております。

ぜひチェックしてくださいね。

 

 

◎OURHOME×阪急阪神不動産のコラボページはこちら

URL http://8984.jp/renovation/ourhome/

 

◎ニュースリリースはこちら

URL http://www.hhp.co.jp/news/pdf/20180405.pdf

 

★現在、新会社設立を記念して「資料請求キャンペーン」を実施中です!

「リノブルーム」または「スタイルズ」の資料をご請求いただいた方へ、amazonギフト券500円分をプレゼントいたしますので、詳しくは当社ホームページをご覧くださいね。

http://8984.jp/renovation/event/entry-2882/

2018年04月06日 Posted by スズキ

【NEW】阪急不動産が阪急阪神不動産に生まれ変わりました!

こんにちは。企画担当の橋本です。

多くの会社が新年度を迎える4月は、新たな気持ちでチャレンジしたくなりますね!

私たちもおかげさまで、すがすがしい気持ちで新年度を迎えることができました。

今日は、みなさまにお知らせがあります。

この度、「阪急不動産株式会社」は、阪急阪神ホールディングスグループの不動産事業の再編に伴い、4月1日より阪急阪神不動産株式会社に商号変更しました。

1-1

ロゴも一新し、本当に新しい気持ちでいっぱいです。

リノベーション事業もよりパワーアップしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

そして、新会社設立に伴い、リノブルームとスタイルズは「阪急阪神のリノベーション」として一体的に情報発信してまいります。

「リノベ向き物件情報がいち早く欲しい!」という方に向けて新しく「スマートメンバーズが誕生しました!

お名前とメールアドレスだけで登録可能で、未公開の物件情報も発信してまいります。

阪急阪神沿線で住まいを探している方は、ぜひチェックしてくださいね。

http://8984.jp/renovation

1-2

1-3

もうひとつ、大切なお知らせです!

より多くの方に私たちのことを知っていただきたいという思いから、本日より5月13日(日)までの期間限定で資料請求キャンペーンを実施いたします。

「リノブルーム」または「スタイルズ」の資料をご請求いただいた方へ、amazonギフト券500円分をプレゼント!

詳しくは、当社ホームページをご覧くださいね。→http://8984.jp/renovation/event/entry-2882/

2018年04月02日 Posted by スズキ

阪急・阪神沿線の住みたい街さんぽ8駅目は、阪急神戸線「武庫之荘」駅!

こんにちは!リノブルームの自称公式キャラクター「リノブルーマー」が理想の住まいを求めて阪急・阪神沿線の街をおさんぽする「阪急・阪神沿線の住みたい街さんぽ」。今回は、「西宮北口」駅のおとなり、阪急神戸線武庫之荘駅後編です。住宅街に突如あらわれる乗馬クラブや子育てママさんの強い味方、お惣菜屋さんを見つけましたよ!
http://8984.jp/renovation/sanpo-16/

 

BLOGvol12

2018年03月30日 Posted by スズキ

<スタイルズ>のスタッフ・高橋 政希を紹介します!

今回は、スタイルズのスタッフ・高橋 政希をご紹介いたします。

7-3

―入社の経緯は?
以前は鍵のメーカーで営業を担当していました。あるご縁がきっかけで、昨年の7月に阪急阪神不動産に入社し、現在は、買取リノベーション再販事業<スタイルズ>で、物件の仕入れからリノベーションのプランニング、販売までを担当しています。

―入社してみて?
不動産売買については素人に近い状態で、入社当初はまるで別世界にやってきたような感覚でした。今でもまだ、何も感じない日はないほど驚きの連続です。わからないことも多く、周囲に迷惑をかけながらではありますが、新しい世界を日々楽しんでいます

―仕事に対するこだわりは?
長く不動産業界に携わっている者にとっては当たり前に思えるようなことが、お客様にとってはそうでないこともあります。日常的に使っている言葉でも、不動産業界の者にしか理解できないようなものも…。一つの業界にどっぷり浸かることで、それらの境目がわからなくなってしまうこともあると思いますが、私はこれからもずっと、お客様により近い今の感覚を忘れないようにしていきたいと思っていますし、違う業界を経験してきた私ならではの客観的な視点で物事を捉え、情報発信をしていきたいと思っています。

―趣味やプライベートの過ごし方は?
体力には自信があった方なのですが、年を重ねるにつれて衰えを感じるようになり…。最近は、自宅で筋トレをして、なんとか体力を取り戻そうと頑張っているところです。
また、できる限り家族と過ごす時間を大切にしたいと思っていますので、休日には家族と一緒に買い物に出かけたりすることが多いですね。

7-2

7-1

―今後の目標は?
入社して1年足らず、まだ私はこの世界の入り口に立ったところです。これからどんどん知識と経験を積み重ねて、1日も早くプロフェッショナルになれるよう前進あるのみです!

2018年03月27日 Posted by スズキ

2017年 リノブルームインスタグラム人気投稿“番外編”発表!

こんにちは、阪急阪神不動産「リノブルーム」です。

今回は、インスタグラム人気投稿の番外編をお届けします!
 

<“保存数”編> 悩んでいる人が多い?!“イマドキ”のお部屋に合う “和室”のつくり方

みなさん、インスタグラムに保存機能があるのをご存知ですか?
ページの「ブックマーク」のように、お気に入りの投稿を保存しておけるという機能です。
リノブルームの投稿のうち、保存数が一番多かったのは“和室”の写真。
和室のつくり方について悩まれている方が多いのかもしれませんね!

◆1月6日投稿
施工事例「リノベーション×インテリアで暮らしを楽しむ、こだわりのブルックリンスタイル」
http://8984.jp/renovation/works/entry-564/

6-1

ブルックリンスタイルでコーディネートしたお家の和室です。リビングと続き間になっているので、和風になりすぎないようにフローリングの木目にあわせたグレーの琉球風畳を採用。和にこだわらないことで、リビングと一体感のある空間になりました!木目の天井もステキだと思いませんか?

◆7月18日投稿
施工事例「家族が緩やかに繋がる小上がり和室」
http://8984.jp/renovation/works/entry-807/

6-2

このお部屋の注目ポイントは、あえてダウンライトを採用していること。ブラケット照明だと和の印象が強くなりますが、ダウンライトならLDKとの統一感が出るのでおすすめですよ!間接照明を置けば、心地いいリラックス空間の出来上がりです。風を通す室内窓や漆喰の壁もこだわりポイント!梁下のデッドスペースの使い方も参考にしてくださいね♪

 

<トイレ編> アクセントクロスがとにかくカワイイ!トイレは大胆なチャレンジがしやすい場所

◆8月15日投稿
施工事例「素材感にこだわった北欧スタイルの家」
http://8984.jp/renovation/works/entry-1339/

6-3

アクセントクロスがかわいい!」と、リノブルームスタッフの間でも人気の投稿です。
実はこのアクセントクロスの中央には点検口のフレームがあります。せっかくのアクセントクロスが台無しになってしまわないよう、同じクロスでファブリックパネルを作って隠してるんです!プランナーが遅くまで悩んで作ったパネル。一つひとつの小さなアイディアが素敵な空間を作っていくんですね。
 

<まちあるき編> リノブルーマーおすすめ!住むほどに好きになる街「宝塚」

◆12月15日投稿
まちあるきシリーズ宝塚駅編
http://8984.jp/renovation/sanpo-9/

6-4

6-5

6-6

リノブルームの自称公式キャラクター “リノブルーマー”が、住みたい街を見つけに阪急・阪神沿線の街を訪ねる連載企画「阪急・阪神沿線の住みたい街さんぽ」シリーズ。インスタグラムでも写真をアップしていますが、その中で一番人気があったのは「宝塚」駅編でした!
「出会った人はみんな、“宝塚が大好き”って言っていましたよ。住んでいる人たちに愛される街って、本当にステキだなぁ」ってリノブルーマーも言っています♪
毎月1駅、阪急阪神沿線のまちを紹介しています。家探しを始める時に、是非見てみてくださいね。

これからもステキな写真をどんどん投稿していきます!お楽しみに♪

2018年03月22日 Posted by スズキ

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・8984・51営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/水曜

お問い合わせ
フォームから

ページトップへ戻る