USEFUL

ホーム > すまいのスタディ > リフォーム前に知っておきたい!キッチンの種類と特徴

リフォーム前に知っておきたい!キッチンの種類と特徴

 

キッチンは家の中でも特にリフォームのメリットを実感する部分のひとつです。経年による劣化や使い勝手の悪さを感じるようになったら、思い切ってリフォームを依頼してみてはいかがでしょうか。

というわけで、今回はキッチンのリフォームをする前に抑えておくべき、キッチンの種類と特徴について詳しく解説していきます!

 

キッチンリフォームで意識する3つの事柄

キッチンというのは家のなかでも、経年による劣化や設備の古さによる不便さを感じやすい場所のひとつです。リフォームでキッチンの使い勝手が良くなれば、日々の料理もぐっと楽しくなりますよね。では、実際にキッチンのリフォームをする場合には、どのような点に気をつけたら良いのでしょう。

大切なのは、作業しやすい動線が確保されていること、キッチンの寸法が適切であること、充分な収納が備わっていることという3つのポイントです。この部分を意識してリフォームを行うことで、より快適で使いやすいキッチンになるはずです。

 

対面型キッチンの種類と特徴

対面型キッチンというのは、リビング・ダイニングが見渡せるように設置されたキッチンのことです。対面型キッチンはその配置によって大きく以下の5つの種類に分類することが可能です。それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

 

・アイランドキッチン
キッチンが壁に接することなくひとつの島のように設置されたタイプのことです。キッチン周りの動線が確保しやすく開放感があるため、来客の多い家庭など、コミュニケーションを取りながら料理を楽しみたい方に人気があります。

 

・ペニンシュラキッチン
アイランドキッチンの左右どちらか一方が壁に接しているタイプのキッチンを「ペニンシュラキッチン」と言います。オープンキッチンのなかでも主流なのがこのタイプで、アイランドキッチンよりもコンパクトに設置することが可能です。また、換気扇部分に壁を設けることで匂いや煙の拡散防止にもなります。

 

・セパレート型キッチン
一般的なキッチンはシンクとコンロが一列もしくはL字に配置されていますが、「セパレート型キッチン」というのは、別々に分かれているのが特徴です。シンクとコンロが分かれていることで作業スペースを広く確保することができるため、数人でわいわい料理を楽しみたい方に人気があります。

 

・I型キッチン
「I型キッチン」というのは、コンロからシンクまでが一直線に並んでいるキッチンのことで、最もスタンダードなキッチンの形です。キッチンからリビング・ダイニングを見渡すことができるため、子育て中の方や家族との会話を楽しみたい方に人気があります。カウンターがあるスタイルが一般的で、リビング・ダイニング側からキッチン周りの小物や、調理中の手元が見えにくいというのも魅力です。

 

・L型キッチン
「L型キッチン」というのは、シンクとコンロが直角に向き合ったタイプのキッチンのことです。I型キッチンと比べ動線が確保されているため、効率よく作業することができ、家族とのコミュニケーションも取ることができます。

 

対面型でないキッチンの種類と特徴

対面型ではないキッチンは主に「独立キッチン」と「壁付けキッチン」という2つの種類があります。では、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

・独立キッチン
「独立キッチン」というのはその名の通り、キッチンがリビングやダイニングから完全に独立したひとつのスペースになっているキッチンのことです。対面型のキッチンはリビングやダイニングからキッチンの様子が丸わかりですから、例えば急な来客時などには片付けができていないと慌ててしまいますよね。

その点、独立キッチンというのは他の部屋からの視線を気にする必要もありません。調理中の煙や匂いが他の部屋に充満する心配がないのも嬉しいポイントですよね。また、料理好きの人にとっての大切な居場所であるキッチンで、思う存分料理に集中できるというのも、独立キッチンの大きな魅力のひとつと言えるでしょう。

 

・壁付けキッチン
「壁付けキッチン」というのは、壁側に向かって設置されたキッチンのことです。リビング・ダイニングの一角に作られることが多いため、独立キッチンのように完全に独立したひとつのスペースになっているわけではありませんが、基本的に家族やお客さんには背を向けて調理をする形になるため、調理に集中できるというメリットがあります。また、背後に壁がないため圧迫感がなく、複数で調理をする場合にも狭さを感じにくいのが特徴です。

 

キッチンリフォームが高くなるケース

キッチンのリフォームにかかる費用というのは、キッチンの形やグレードなどによっても大きく異なるため一概には言えませんが、目安としてはI型キッチンで70万円〜100万円、L型キッチンで80万円〜120万円、対面型キッチンで80万円〜150万円というのが一般的な相場になっています。ただし、以下のようなケースではリフォームの費用が割高になるため注意が必要です。

・キッチンの移動を伴う場合
壁側にあったキッチンを対面型に変えたり、日当たりの良い場所へキッチンを作り直したりするなど、リフォームによってキッチンの移動を伴う場合には、排水管や換気扇の排気用ダクト、電気配線などの工事も必要になるため、費用が割高になってしまうこともあります。

・床の張替えなどが必要な場合
既存のキッチンを撤去した後で床や壁の腐食といった問題が明らかになった場合や、キッチンのサイズを小さくしたことによって隙間ができてしまった場合などは、新たに床や壁紙を張り替えなくてはいけないため、その分の費用が必要になります。

 

毎日使うキッチンのリフォームは、デザインだけではなく使いやすさも重要なポイントになります。自分たちにピッタリのキッチンはどのタイプなのか、様々な点を考慮して考えましょう。また、リフォーム会社を選ぶ際には、キッチンのリフォームを得意としているところに依頼することも大切なポイントのひとつです。過去の施工事例などを見せてもらいながら参考にすると良いでしょう。

「阪急阪神住まいのコンシェル」では、不動産に関するお悩みに専門のアドバイザーが応えてくれます。ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

※掲載されている画像はイメージです。

ホーム > すまいのスタディ > リフォーム前に知っておきたい!キッチンの種類と特徴

住まいのご相談は阪急阪神すまいのコンシェルへ 住まいのご相談は阪急阪神すまいのコンシェルへ

「 阪急阪神すまいのコンシェル」は、阪急阪神沿線を中心に、マンション、戸建、リノベーション住宅のほか、不動産売買やリフォーム、資産活用にいたるまで、住まいに関するあらゆる情報をフルサポート。あなたの人生の頼れるパートナーとして、住まいと暮らしをより良くするお手伝いをします。

                   
facebookページはこちら

CONTACT US

  • ウェブからのお問い合わせ


    ご相談予約・
    お問い合わせフォーム

    住まいに関することならお気軽にご相談ください

  • 電話でのお問い合わせ


    0120-8984-23
    ※携帯電話からでもご利用可能です。

    営業時間11:00〜19:00定休日毎週水曜、年末年始等

  • カウンターでのご相談


    カウンターでの
    ご相談・ご来店方法

    阪急梅田駅直結。ショッピングのついでに、
    お仕事帰りに、お気軽にお立ち寄りください。