大阪 神戸 京都のリノベーションなら
阪急阪神のリノブルーム

MENU

リノブルームスタッフブログ

久々のリノベーション事例の撮影風景

sat-0308-001

 

こんにちは、阪急阪神不動産のリノベーション担当・SOBAです。

相変わらずオミクロンと寒さが大変な状況ですが、どちらも少しずつ落ち着いてきた感がございます。(油断は禁物ですが)

本日は、コロナ禍ですっかり機会が減ってしまった事例撮影に密着。

ご紹介させていただくのは、大阪市城東区の女性シングルのリノベーションのお部屋。(詳細は近日事例にアップ予定)

築40年超えですが、管理が行き届いたマンション。約60㎡南向きのお部屋です。

 

ark-jirei-012
(広い玄関スペース)

 

まず、カメラマンさんと弊社スタッフでご訪問。

ドアを開けると広い玄関土間がお出迎えです。リノベーションならではの間取りですね。

久々に来るお客様のお部屋は家具がバージョンアップしていたり、素敵なラグが敷かれていたり、いろいろと感動があります。

そして、お部屋をチェックしながら、どこを撮っていくかの現地打合せ。

続いて、写真にうつると好ましくないものや、生活環が出ちゃいそうな荷物の移動。

実は、キャラクターものだったり、個人情報がわかるものだったり、いろいろと映ってはいけないものもあるのです。

 

セッティングが終わると、順番にお部屋を撮影。

まずはリビングから撮影することが多いです。

 

sat-0308-002

撮影時はこんな感じで、撮影したお写真が以下のような感じ。

ark-jirei-003

 

次いで、各部屋。あとはパーツ写真。

 

例えば、こんなスイッチやテレビ台なんかも。

 

ark-jirei-009

ark-jirei-014

sat-0308-004

天井の板張りも良い感じですよね。

ちなみに、こんなところにも、ものすごく細かい職人芸が・・・。

腕の良い職人さんに脱帽です。

 

最近はコロナのこともあり、気軽にお邪魔させていただきづらい状況が続く中、撮影にご協力いただいたお客様には感謝です。

定期点検や事例撮影以外でも、お客様とお食事をさせていただいたり、インテリアの相談だったり、ちょこちょことお会いさせていただく機会がございますが、コロナ以降こういった大事な機会が減っているので、寂しい限りです。

実際に、撮影に伺えていないお部屋も結構多いので、落ち着いたら、ホームページの事例も増えるはず。

今後も、定期点検やリノベーションならではの内覧など、お仕事風景の伝わる記事をアップしていこうかなー、と思います。

2022年03月11日 Posted by SOBA

INQUIRYお問い合わせ・資料請求

資料請求で
コンセプトブック事例集最新情報
「知りたい」セットをプレゼント!

無料でお届けいたします

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・8984・51営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/水曜

お問い合わせ
フォームから
FOLLOW US
インスタグラム

INSTAGRAM

フェイスブック

FACEBOOK

ページトップへ戻る