大阪 神戸 京都のリノベーションなら
阪急阪神のリノブルーム

MENU

リノベーション事例

理想の暮らし×ヴィンテージマンション×台形のお部屋

BEFORE

Before画像

南千里駅から10分ちょっとのところにある、人気のビンテージマンションの一室。

マンション内でも数少ない台形のカタチのおもしろいお部屋が今回のリノベーションさせていただいたお部屋です。

北欧の感じやコンクリートの風合い、奥様の好きなファブリック感をうまくまとめて、武骨にならないように空間をアレンジしました。

あくまでLDKが最優先。窓から見える借景の緑が映えるプランニングは、東向きの窓から朝日が寝室まで入り込んでくる『素敵な朝のワンシーン』を想定。

窓から見える並木道の緑がちょうど良い高さに見えて、日当たりもよく、しばらくカーテンを付けずに暮らしておられたそうです。

 

 

■ 『中古×リノベーション』を選んだきっかけ

ともに建築系のお仕事をしているI様ご夫妻。当初は京都方面にある会社の社宅にお住まいでした。

家賃が安く抑えられることはありがたいけど、いろいろと不満もあり、『こういう暮らしがしたい』というような暮らしはできていないことにギャップを感じたことをきっかけに、マイホーム計画をスタートさせました。

『北摂に住みたい。かつ予算を抑えた上で、自分たちの思うような家にしたい』という想いから、選択肢を『中古マンションを購入してリノベーションすること』に絞られました。

 

 

■ 『阪急阪神不動産のリノブルーム』を選んだ理由(施主様より)

いろいろな会社を見ていた中で、最初に気になったきっかけは『安心と信頼のブランド力』でした。

ただ、ホームページを見ても普通にオシャレだし、テイストの幅も広く好印象。

実際に話を聞きに行ったときも、都合のいいことばかりではなく、現実的なアドバイスをしっかり言ってくれたのが良かったです。

私たちの目線になって、しっかり親身になってプランニングしていただけるのでは、と思い阪急阪神不動産さんにお願いしました。

工事後のアフターフォローも素晴らしく、心の底から『お願いして良かった』と思っています。

 

 

■『物件探し』の条件やエピソード(施主様より)

奥様のゆかりのある『北摂エリア』がまず絶対条件でした。

阪急千里線エリアに絞って、物件を3件ほど見て回りました。

その中で金額と室内とマンションの共用部の管理、そして、部屋に入ったときの直感で今回の物件に決めました。

お部屋の雰囲気が、あたたかかったんですよね、凄く。

 

 

■リノベーションのこだわりポイント

・広大なリビング:家のほぼ半分がリビングになっています。1LDK+WICという暮らし方に合わせた間取りの切り方もそうですが、バルコニーに向けてドンドンワイドになる元の間取りを活かした作りになっています。

・LDK一面のウッドパネル:TVを置くことを想定した側には、一面のウッドパネルを設置。サーフっぽくなりすぎないよう、全体のトーンコントロールを行っています。これがないとコンクリートが強くなりすぎて、せっかくの暖かみのある部屋が少し冷たくなりすぎてしまうこともあり、アクセントでありながら全体のまとめ役をしています。

・寝室との境界:寝室とLDKの壁に大きなガラスの室内窓を設けることで、空間としての圧迫感を消しました。寝るだけの部屋を大きくしたくないけど、かといって圧迫感も出したくない、という問題に対し、開口部の作り方も含めて小さな工夫を組み合わせています。東向きのお部屋なので、日が高くないシーズンは朝日を感じられることも。

・大きな玄関土間:玄関とLDKがしっかりしていると、全体的に素敵に見えるはず!という原則はもちろんですが、靴好きなお二人の靴がキレイに収まる用に配置。解体してからわかった、荒々しいコンクリートの傷は、管理会社にも大丈夫なことを確認してもらった後で、そのままの雰囲気を活かしたアレンジに変更しました。今となっては、リノベーションならではのオンリーワンなインテリアになっています。

・オリジナル建具:阪急阪神不動産のリノベーションのオリジナルの屋久杉の建具を採用しております。適度な木目のムラ感がフローリングや壁に張ったウッドパネルとの相性バツグンでした。

・コンクリートの風合い:解体したそのままのコンクリートの雰囲気では粗々し過ぎると感じたので、左官屋さんに新しく塗りなおしてもらいました。その結果、窓から見える緑もあって、柔らかい雰囲気になっています。

・ファブリックとの相性:奥様の好きなインテリアやファブリック類との相性を大事にカラーリングを計算して決めました。

・フラット設計:老後のことも考えて、できるかぎりバリアフリーになるように設計しています。長く住まわれることを想定した奥様のご希望でした。

 

 

■担当者にひとこと

リノベーションが終わった後も、私たちの親族の家のことでも親身に相談に乗ってもらった時は、こんな担当者さんいないな、と熱量に感動しました。

不動産のことで何か困ったことがあれば、今後も相談させてもらいます。

実は工事中にクレームをお伝えしたこともあったんですが、その時も真摯に対応してくださって、感謝しています。

阪急阪神不動産さんにお願いして、本当に良かったです。あと、凄く楽しかったんで、またリノベーションしたいなーと夫婦で話しています。

 

 

■印象に残ったエピソード

家具が入って、自分の家なんだなーと思った時の感動。これは忘れられません。

あと、仲介の担当だった方が、すごく沖縄顔なのに北海道出身だったこと。こっちも忘れられません(笑)。

 

 

■担当からひとこと

奥様の頭の中には、すでにかなり明確に暮らしのイメージがあったので、それをヒアリングで引き出すことを大事にしました。好きな世界観をきちんと再現できつつ、こちらのご提案もうまく活かされているのをみると、ありがたい限りです。壁一面のウッドパネルのところは、一歩間違えるとお二人の嫌いな感じになってしまいそうだったので、ご提案の時も実はかなり勇気がいりましたが、絶対に合うはず、と思っていました。気に入ってもらえて本当に良かったです。物件形状もクセは強いですけど、LDKに向けてワイドになっていく独特の仕様のおかげでリビングの間口が広くなっているので、このあたりもお部屋の雰囲気づくりに貢献しているので、こういうのは物件探しからお手伝いさせていただく醍醐味です。

Before図面
画After図面
  • 専有面積 / 65㎡
  • ご家族 / 2人(ご夫婦)
  • 工事費 / 約950万円
  • 間取り / 1LDK+WIC+土間
  • 既存建物竣工年 / 1979年
  • リノベーション竣工年 / 2019年
  • 物件価格 / 非公開

INQUIRYお問い合わせ・資料請求

資料請求で
コンセプトブック事例集最新情報
「知りたい」セットをプレゼント!

無料でお届けいたします

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・8984・51営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/水曜

お問い合わせ
フォームから
FOLLOW US
インスタグラム

INSTAGRAM

フェイスブック

FACEBOOK

ページトップへ戻る