大阪 神戸 京都のリノベーションなら
阪急阪神のリノブルーム

MENU

リノベーション事例

以前のお住まいを効率を重視しライフスタイルを合わせたリノベーション

住まい探しをするとき、重要視されることの一つが周辺の環境ではないでしょうか。
お子さんが通う学校、公共施設や買いもの等の利便性、交通アクセスの良さ…などなど。
評判が良くて皆が住みたいと思う街だったとしても、自分に合わなければちょっともったいないですよね。

S様は、賃貸としてお住まいになっていたお部屋を購入して自分仕様にリノベーションされました。
周辺環境どころかお付き合いのあるご近所さんまでそのまま、慣れ親しんだお気に入りの暮らし方を一切変えることなく、お部屋だけを自分たちに合わせて新しくする。
家と自分の相性を確認してから決める、リノベーションならではの住まい方だと思います。

リノベーションの内容もそんなスタイルを反映してか、元のお部屋の気に入っている部分はそのまま上手に活かして、住み方に合わせた色々な工夫を取り入れたものになりました。

バルコニー側に2室並ぶ間取りはそのままに、大きな引込み戸を採用したので開け放つと数字以上に開放感のあるリビングになります。特に和室を洋室に変更したお部屋との間は吊り戸になっていて床面にレールが出ないので、連続した空間として違和感なく使えそうです。
和室は押入れや付長押など既存のものを活かしつつ、琉球和紙畳やクローゼット調の建具により、ぐっとモダンで使いやすくなりました。
この間取りや収納の配置については、家具の置き方などもあらかじめ考え図面に落とし込むなど、入念に打合せして決められたそうです。

キッチンについては、メーカー各社のものを比較検討された結果、収納の考え方が気に入ったクリナップのものを採用。
お部屋の雰囲気を引き締めるアクセントとなるよう、濃い目のブラウンを選択されました。以前のものと同じく機能的なL型ですが、スペースの活かし方などに設備の進化を感じていただけたようです。

それ以外にもバルコニー側の2室に格納式の室内物干しを設置したり、玄関収納を家族の成長に合わせて変えられる可動棚(お子様が小さい間はベビーカー置き場、将来的には傘掛けやブーツ収納など…)にするなど、細かい部分まで実際の住まい方を想定して決めています。

以前お住まいになられていた時の不満点の解消も含め「こんな風に住みたい」という暮らし方のイメージをはっきりお持ちで、初期段階から密度の濃い打合せをさせていただけました。
住み心地は確認済みのお部屋で、隅々まで自分たち仕様にカスタマイズして新築同様の仕上がりに。
満足度が高くなるのも納得の住まいです。

Before図面
画After図面
  • 専有面積 / 72㎡
  • ご家族 / 5人(ご夫婦+子ども3人)
  • 工事費 / 非公開
  • 間取り / 3LDK
  • 既存建物竣工年 / 1981年
  • リノベーション竣工年 / 2015年

INQUIRYお問い合わせ・資料請求

資料請求で
コンセプトブック事例集最新情報
「知りたい」セットをプレゼント!

無料でお届けいたします

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・8984・51営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/水曜

お問い合わせ
フォームから
FOLLOW US
インスタグラム

INSTAGRAM

フェイスブック

FACEBOOK

ページトップへ戻る