大阪 神戸 京都のリノベーションなら
阪急阪神のリノブルーム

MENU

リノブルームスタッフブログ

玄関にウェルカムスペースを

こんにちは。リノベーションプランナーのr.oです。

本日は玄関について書きたいと思います。

家に帰ってきて一番初めに目にする場所、お客様を出迎える場所が玄関。

玄関の空間にゆとりをもたせたり、お気に入りの内装を取り入れてみたり、

お気に入りのものたちを飾ったりするスペースがあると、

お家に帰ってきた安心感やお客様のおもてなし感がグッとアップします。

 

①ゆとりのある玄関と大谷石のニッチ

★191019__S3_0128_R

リノブルームでリノベーションしたF様邸の玄関は写真の左手に土間スペースが続く広くてゆとりのある玄関です。

ただいまと帰宅するとニッチのダウンライトが人感センサーで灯って出迎えてくれます。

大谷石の無骨な表情とパズルのような繊細な組み合わせがワイルドかつ上品な玄関に演出しています。

屋久島地杉の格子やリビングドアと土間タイルのブラックも空間に引き締め役に◎

 

 

②天井板張りと室内窓

DSC05633

スタイルズ(リノベーション済みマンション)のこちらの物件では玄関の天井に不燃の木板を貼りました。

空間は広くありませんが、天井に木を貼ることで奥行き感が出て、広く感じる効果が◎

真っ白な天井よりも温もりのある、ホッとする雰囲気になりました。

写真の左手の洋室の壁に室内窓を設けることにより、暗かった廊下も明るい印象に◎

このように隣の部屋やリビング扉から光を採り入れて玄関を明るくすることも有効です。

 

 

③タイル壁と飾り棚

IMG_7684

こちらのお家では、リノベーション前は玄関正面(写真の飾り棚の部分)に収納があり、

帰宅してまず目に入る壁が収納という間取りでした。

IMG_4702 ◀︎BEFORE

収納は他の場所にも十分あったため、収納を取り壊し、床から天井までの飾り棚にリノベーションしました。

棚の背面にはカラーガラスを貼り、上品な質感を演出しています。

グレイッシュなオークの床材とグレーのタイルにブラックの飾り棚で引き締めて、クールな印象に変身しました。

 

ご紹介した3つの玄関はいかがでしたでしょうか。

ぜひみなさんもリノベーションの際には、自分が帰りたくなる『玄関』を考えて見てください♪

 

 

2020年08月28日 Posted by r.o

INQUIRYお問い合わせ・資料請求

資料請求で
コンセプトブック事例集最新情報
「知りたい」セットをプレゼント!

無料でお届けいたします

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・8984・51営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/水曜

お問い合わせ
フォームから
FOLLOW US
インスタグラム

INSTAGRAM

フェイスブック

FACEBOOK

ページトップへ戻る