大阪 神戸 京都のリノベーションなら
阪急阪神のリノブルーム

MENU

リノブルームスタッフブログ

リフォームプランのご提案とパース

こんにちは。パース作成担当のNORIです。

リノベーションプランのご提案の際にパースをプラン平面図と同時に作成することがあります。

パースとは建物の外観や室内を立体的な絵にしたものです。

平面図をもとに平面図だけではわかりづらい高さ関係や、床、建具のデザインと色味も反映して作成しますので、リノベーション後のお家がより具体的にイメージしていただけます。

 

パースで作成することが多いのが、キッチンまわりとリビングダイニングです。

クローズタイプのキッチンの配置をオープンタイプで解放感がある明るいキッチンにしたい!

LDKとつながってあるけどあまり使われていない和室を思い切ってなくして洋室仕様にしてLDKを広くしたい!

といったご要望です。

 

キッチンのショールームに足を運んでいただいて、最新のキッチンの設備をご覧いただくと、その美しさと、使い勝手の良さを知り、きっと夢が広がっていかれると思います。

じゃあ実際どんな風に見えるかな?今の家と合うのかな?ときっと心配ですよね。

そんな時は、パースを作成いたします。

 

キッチンをオープンにしたイメージパース(キッチンをオープンにしたイメージパース)

 

ダイニングからリビングを見たイメージパース(ダイニングからリビングを見たイメージパース)

 

お打ち合わせでご提案させていただいている平面プランを、パースで見ていただくことでダイニング、リビングからキッチンがどのように見えるのか、またキッチンに立ってお料理を作るときにダイニングやリビング、テレビ、窓がどのようにみえるのか具体的イメージしていただくことができます。

 

和室を洋室にしてリビングを広くしたプランのイメージパース(和室を洋室にしてリビングを広くしたプランのイメージパース)

 

もとの和室から床と建具を変えた場合のイメージパース(もとの和室から床と建具を変えた場合のイメージパース)

 

和室をなくして広くする場合は、和室との間の建具をなくすとリビングダイニングからどのくらい広く見えるようになるのかわかっていただけます。
プランが具体的にイメージできる、という安心感も大切にしていただきたいところですが、

パースを作成するときにはパースをみてお客様に感動していただきたい!と思いを込めながら作成しています。

わが家がパースになることはあまり経験できませんし、パースを見ていただくことで、「もっとお家を素敵に変えたい!」という気持ちを大きくしていただきたいなと思って作成しています。

 

パースを見てイメージ通りにリノベーションできる!と確信していただいて、工事がすすむにつれてイメージしていた内容がだんだんと形になるわくわくを体験してください。

2020年05月29日 Posted by NORI

INQUIRYお問い合わせ・資料請求

資料請求で
コンセプトブック事例集最新情報
「知りたい」セットをプレゼント!

無料でお届けいたします

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・8984・51営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/水曜

お問い合わせ
フォームから
FOLLOW US
インスタグラム

INSTAGRAM

フェイスブック

FACEBOOK

ページトップへ戻る