阪急阪神のリノベーション

MENU

リノブルームスタッフブログ

“ドアはインテリアの一部”造作ドアのススメ

IMG_0186

リノベーションのこだわり部分と言えば、ほんとうに色々ありますよね。

「明るいリビング」や「広い玄関」「料理しやすいキッチン」などなど。

そんな中今回は、もう少しリノベーションの部位にフォーカスして事例を紹介します。

今回のテーマは「リビングドア」です。

リノベーションされたお客様に、入居後のアンケートを取ると、住んだあとのお気に入りポイントとして、意外に挙がってくるのが造作建具。特にリビングドアです。

なぜリビングドアかというと理由は2つあります。
ひとつは、リビングドアは間取り上、家の中心部分にあることが多いので、目に触れる機会が多いです。
廊下からもリビングからも見えるので(当然ですが)、家族だけでなく、外から来客があった際も玄関口から見えやすいです。

ですから家の印象を左右する大事なポジションにあるんですね。

 

ふたつ目は、費用の問題です。造作すると自分好みのテイストに変えられますが、もちろん既製品より割高になります。値段が高くなります。ですので、家中のドアを手作りするとそれだけでで予算オーバーなんて可能性あります。

そういう意味では、造作するドアは厳選せざるを得なくなり、リビングドアだけ造作するケースが多いです。(その方が廊下からみた景色にメリハリもでます。)

 

というわけで、さっそくいくつかご紹介します!

 

木の素材にこだわった造作ドア

ARIO2_57

ナラ材を使用した建具ドア。希望していた「明るい玄関」と「木の質感」に調和するテイストに。

明かりとりの位置や扉面の形状などイチから手作りしております。

またドアノブや丁番も真鍮を使用するなど、細かい部分にもこだわったドアです。

ドア横に見えるのは、玄関証明のスイッチです。こちらも同様に真鍮仕様。

ARIO2_92

リビング側から見たドアです。

ドアを含めた壁面全体をデザインすることで空間全体をお気に入りにテイストに変わります。

まさにドアはインテリアの一部という発想ですね。

 

テーマカラーはブルー!塗装ドア

Reno-Bloom_0246

好きなカラーがある方は、家づくりの際にテーマカラーを設定する場合もあります。

そうすることで全体のトーンを統一しやすく、色がバラバラになりにくいです。

塗装だと一口にブルーと言っても、濃度や彩度で色んなブルーが再現できるので、自由度は限りなくあります。

Reno-Bloom_0252★

明り取りのガラスもドアを作る上では重要なポイントです。

ガラスの種類(透明or型板ガラス)、型板ガラスのパターン(模様)もたくさん種類があります。

写真は「チェッカーガラス」といって、格子状に模様が入った型板ガラス。

落ち着いた「和」の雰囲気を醸し出すドア

riverside_0230★

一見親子ドア(大小2枚の扉が付いたドア)にも見えますが、小さい方は明かりとり用のFIXガラスになっております。

ドア部分は、家全体のテーマでもある「和」の雰囲気を出したシンプルな仕上がりにして、明かりとりを付けずに、ドア横にガラス窓を入れて独特の明るさと雰囲気を作っています。

riverside_0244★

ちなみに明かりとりの下部分はペットドアになっており、ドアを閉めたままペットが自由に出入りできるように加工しております。

暮らしに合わせて作るのがリノベーションの考え方なので、家族にペットがいる方は特に造作はおススメです。

 

アンティークなドア

291A0145

これぞ造作ドアといったこだわりが詰まった事例です。

まるでヨーロッパの歴史ある洋館に出てきそうなドアです。

開き方も真ん中から左右に扉が均等にひらく、いわゆるフランス扉(日本だと観音開き)。

これをするには単純に廊下幅が必要だったり、間取りの段階から想定してプランニングしておかないといけません。

思い付きや付け焼刃ではなかなかできないことですのでご注意を。

また扉の表面にもモールディング(凹凸の装飾)を施した、まさにこだわり尽くした逸品です。

291A0154

間近でみてもヴィンテージ感がすごいですね。経年が醸し出す「味」であったり、職人さんが丹精込めてつくった「手仕事感」が感じられます。

 

まとめ

普段の生活ではあまりドアを意識することはないかもしれませんが、ドアをインテリアの一部としてとらえてリノベーションすることで室内のイメージは大きく変わります。

それにリビングドアは、ほとんどの方が毎日使っていますよね。

そういう意味では、リビングドアを変えると毎日が変わるかもしれません。

写真は、施工事例のほんの一部ですが、是非参考にしてみてください。

 

EGB_9889

2020年03月17日 Posted by K坂

INQUIRYお問い合わせ・資料請求

資料請求で
コンセプトブック事例集最新情報
「知りたい」セットをプレゼント!

無料でお届けいたします

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・8984・51営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/水曜

お問い合わせ
フォームから
FOLLOW US
インスタグラム

INSTAGRAM

フェイスブック

FACEBOOK

ページトップへ戻る