阪急阪神のリノベーション

MENU

リノブルームスタッフブログ

家っていつ買うの?(ケース①)

whenshouldbuy

 

こんにちは、阪急阪神不動産、リノベーションを担当しているSOBAです。

寒くなってきましたから中には着こんでも、12月になるまではアウターは着ない、と心に決めて頑張っています。

 

さて、今日の話題。

『家の買い時』について。

『家っていつ買えばいいんですか?』という趣旨のご質問は、仕事がらよく受けます。

 

でも、一般論で言ってしまえば、『早い方がいい』んです。

もう、これは原理原則レベルで、『買えるなら早い方がいいですよ』っとなります。(当然、賛否はあると思いますが)

 

だって、長く住めるし、ローンも早く完済できるんですから。

3,000万円払って40年住むのと、35年住むのでは、コスパが全然違いますよね。

仮に、5年探して何とか200万安く買えたとしても、5年住める期間が短くなれば、損ですよね。

(たぶん、その間に家賃に200万円以上払ってる人の方が多いはず汗)

 

じゃあ、普通に考えたら早く買った方が得なのに、『どうして』買い時が気になるの?ということになりますよね。

理由を考えると、たぶんこんな感じなのではないでしょうか。

 

まず、家(マイホーム)は欲しい。

 

①でも、家は高額。
②できれば払いたくない。いや、払わないと買えないけど、何とか安くしたい。
③そもそも高額だから純粋にストレスなので、ついつい後回しにしてしまいがち。だって家を買うなんて非日常だし。
④というわけで、背中を押してくれる材料が欲しい。(この家はめっちゃお買い得。今がチャンス等)

 

でも、本当にそういうご相談であれば、やーーっぱり早く買った方がいいですよ、となります。

 

『もし来年相場が下がったら・・・』ということは確証は持てないですけど、

『早く買った分だけ家賃の支払いを抑えて、ローン完済時期を早くして、長く住む』ことなら確実にできますから!!、、、と。

 

ただ、ここまでだと、それはそれで正論だけどちょっと乱暴、、になってしまうので、もう少しミクロな視点でお答えします。

あくまで上は一般論として、もう少しその人にあった内容のお話を、ご紹介していければ、と。

 

①『結婚したての方の場合』

結婚して、子供ができたら家を買おうかなーとお考えの方、結構いらっしゃると思います。

でも、その中の多くの方が、子供できる前に買っておけばよかった!!となります。

 

イメージしたらわかりやすいのですが、だいたいこんな感じです。

『妊娠する(子供のことで頭がいっぱいになる)』 →10か月延びる (妊娠初期に急いで動いて生まれるころには新居という方もいます!)

『出産する(産後すぐは出られないし、育児大変)』→半年ぐらいは延びる。

『保育園いれなきゃ(復職するかどうかにもよりますが)』→保育園動かせないからエリアがもう選べない。

と、なるケースが多くて、期間で言うと2年ぐらい伸びて、さらにエリアが固定になってしまうケースが多いのです。

(そこからさらにズルズル行くと、小学校区変えたらかわいそうだから、とかまた別の制約が出てくることも・・・)

 

もちろん、ご結婚したばかりだと、子宝に恵まれるかどうかもわからないから、とか、いろいろ他の悩みもあると思いますが、

実際に延長してしまいそうな2年分の家賃が浮くことや、その新婚の期間を気に入った家で暮らせることを考えると、早い方が得なことは多いです。

また、リノベーションなら、お子様がいつ生まれてもいいように、かつ、2人の暮らしでも楽しく暮らせるように

可変性を持たせた間取りを設計できたりもすること、と考えていくと、やっぱり早い方がいいような気がします。

 

普通に『早い方がいいですよ!』となると、すごく急かしてしまうような感じになってしまうのですが、

将来起こるべきことをあらかじめイメージしてたら、『何の準備をしとけばいいのか』もある程度わかってきますし、

その準備さえできてれば、安心ですよね。

 

というわけで、やっぱり『早い方が良いよ』ということにはなってしまうのですが、ご参考までに。(続く)

2018年11月26日 Posted by sasaki

INQUIRYお問い合わせ・資料請求

資料請求で
コンセプトブック事例集最新情報
「知りたい」セットをプレゼント!

無料でお届けいたします

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・8984・51営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/水曜

お問い合わせ
フォームから
FOLLOW US
インスタグラム

INSTAGRAM

フェイスブック

FACEBOOK

ページトップへ戻る