阪急阪神のリノベーション

MENU

検査体制

「リノベーション協議会」の
統一基準に基づく検査・点検。

阪急阪神不動産は、「一般社団法人リノベーション協議会」に加盟。協議会で定める統一基準に基づき、重要インフラ13項目の検査・点検を実施しています。「適合リノベーション住宅」※として登録した場合、その記録を住宅履歴情報として保管していますので、万が一不具合があった時にも点検やメンテナンスがしやすくなります。

※「適合リノベーション住宅」とは、リノベーション協議会が定める優良なリノベーションが施された既存住宅のことです。

〔 13項目の検査・点検 〕
給水管
電気配線
天井下地
給湯管
情報系配線
壁下地
排水管
換気設備
床下地
ガス管
分電盤
浴室防水
住宅用
火災警報器
column

リノベーション協議会とは?

リノベーションに関する技術や品質などの標準化、普及浸透の事業などを通じ、誰もが安心してリノベーション住宅を選べる市場の創造を目指す一般社団法人です。

リノベーション協議会

当社はリノベーション協議会の会員企業です

INQUIRYお問い合わせ・資料請求

資料請求で
コンセプトブック事例集最新情報
「知りたい」セットをプレゼント!

無料でお届けいたします

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・8984・51営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/水曜

お問い合わせ
フォームから
FOLLOW US
インスタグラム

INSTAGRAM

フェイスブック

FACEBOOK

ページトップへ戻る