※掲載の完成予想図は、設計図を基に描き起こしたもので、変更になる場合があります。

地域密着のお店が揃い
暮らしがより豊かに

宝塚山手台の中心エリアに地域住民の生活利便性と
コミュニティ活性化を目的とした店舗が揃う
複合商業施設がオープン。
ここでは、各出店者様にお聞きした店舗の魅力の数々をご紹介。
新たな宝塚山手台にどうぞご期待ください!
image
葉
葉
葉
阪急宝塚山手台全体マップ
image
葉

出店予定の店舗のご案内

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンスストア
    ファミリーマート 宝塚山手台店

  • 小児科・内科医院

    小児科・内科医院
    やすぎファミリークリニック

  • ドラッグストア

    ドラッグストア
    ウエルシア薬局 宝塚山手台店

  • 歯医者

    歯科医院
    なかたにスマイル歯科医院

  • 動物病院

    動物病院
    宝塚まりも動物病院

※各店舗の情報は2018年10月現在のものです。今後の計画により変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

出店者様インタビュー

ウエルシア薬局 宝塚山手台店

小田長 晶子 氏

薬剤師・認知症ケア専門士
ウエルシア薬局株式会社
在宅本部 在宅推進部
阪急宝塚山手台に誕生する複合商業施設には、阪急宝塚山手台 住民の方々の健康増進に貢献する医・薬の施設がオープンすることも大きな特長。「お薬のコンシェルジュ」とも言えるきめ細かいサービスが評判のドラッグストア「ウエルシア薬局」もその一つ。今回、お話をお伺いしたのは、薬剤師・認知証ケア専門士でもあるウエルシア薬局株式会社の小田長晶子さんです。今回、店をオープンする街、阪急宝塚山手台にはどんな印象を持たれているのでしょうか?
「宝塚山手台は“とても洗練された住宅街”というイメージですね。今回、この複合商業施設に当店のような薬局ができることで、さらに暮らしやすい街になるお手伝いができれば、と思っています」と小田長さん。
ウエルシア薬局は、単に薬を販売するだけではなく、お客様との会話の中でカウンセリングしながら接客をする調剤薬局併設型のドラッグストアです。「カウンセリングの中で、お客様の健康上のお悩みなども伺い知ることもできますので、お子さまからご年配の方まで暮らしておられる宝塚山手台に、ピッタリの薬局ではないかと考えています」。
素人からすると、どのお薬が自分に合っているのか、なかなか判断が難しいところ。健康のこと、お薬のことをいろいろ相談できるのは頼もしいですね。
お客様との信頼関係を大切にする同店は、「地域貢献」という視点でも、さまざまなサービスを行っています。小田長さんは、この地域推進事業も担当されています。「地域の利便性を向上させるサービスでは、公共料金のお支払い、ATMの設置、24時までの深夜営業、宅配便受け取りボックスの設置などを実施する予定です」と小田長さん。
「宅配便受け取りボックス」は自宅が不在で荷物を受け取れないときでも、受け取れるサービス。長い営業時間と広い駐車場によって、とても便利なサービスになりそうです。
また、健康にかかわる地域サービスも充実。例えばAEDの設置、オストメイト配慮型トイレの設置、在宅介護や在宅医療の現場における薬剤師の服薬指導なども。
「AEDはウエルシア薬局の店舗全店に設置されています。救急隊員の方が『ウエルシアに行けばAEDがあるから』と言っていただいたエピソードもあるくらいです。ただ、AEDは使い方が分からなければ役に立たないので、当社ではAEDの使い方を指導できる担当者が関西で3名おり、地域で定期的に講習会を開催しています」と心強いお話。オストメイト配慮型トイレとはどういったものなんでしょう?「オストメイトとは事故や病気などにより消化管や尿管が損なわれ、腹部にストーマと呼ばれる排泄のための人工膀胱や人工肛門をお身体に増設した人のこと。人工肛門になってしまうと外出先での排泄の不便さを心配し、ご自宅に閉じこもりがち。そこでオストメイトに配慮した形状の便座や、洗浄用シャワーの設置など、ケアに適したトイレの設置を進めています」と小田長さん。

※実際の店舗とは異なります

地域の健康増進だけではなく、健康危機対策、Q.O.L.(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)から地域利便性の向上まで。ドラッグストア「ウエルシア薬局」の幅広いサービスで、宝塚山手台がますます暮らしやすくなりそうですね。

お店のデータ

ドラッグストアウエルシア薬局 宝塚山手台店

やすぎファミリー
クリニック

院長八杉 純 氏

兵庫医科大学医学部卒業後、関西を中心に主に小児科医・内科医・家庭医(プライマリケア医)・アレルギー科医として活躍。
西宮市立中央病院、大阪市立大学医学部附属病院、宝生会PL病院、大阪市立総合医療センター(登録医)、尚和会宝塚第一病院(小児科医長)、医療法人八杉クリニック(副院長)
医・薬の施設が充実する阪急宝塚山手台の複合商業施設。次にご紹介するのは、小児科・内科の「やすぎファミリークリニック」。同院院長は、現在、宝塚第一病院の小児科医長※を務めるスペシャリストでありながら、健康問題全般の相談に乗ってくれる「プライマリ・ケア」の認定医・指導医である八杉純さんです。
「宝塚第一病院で診察していても、宝塚山手台からの患者さまはとても多いですね。子どもが辛そうな時に時間をかけて通院するのは大変。宝塚山手台に小児科・内科を開院することで、このまちの役に立てるのでは、と思っています」と八杉先生。
image
image
やすぎファミリークリニックはその名の通り、宝塚山手台を始めとする地域のご家族、赤ちゃんから高齢者の方まで幅広く、安心して診療を受けてもらえる医院にしたいと、八杉先生は意気込みを語ります。
「お子さんからご年配の方まで受診してもらうとき、注意したいのが院内の環境。例えば、お子さんは体が辛いときはどうしても待合室で泣いてしまい、他の患者さんも辛い。また、患者さまの間での院内感染も大きな不安要素。院内感染はご年配の患者さまにとっては深刻な問題になりかねないんです」。

そこで、八杉先生が計画したのは、新しい予約システム。なぜ予約システムなんでしょう?
「 診察で呼ばれる直前まで必ずしも待合室でじっと待つ必要はなく、車でゆっくりと休みながらお待ちいただき、診察時間になったらメールでお知らせできるシステムなんです」。なるほど、病気やケガで体が辛い時にはすごく楽な仕組み。医院の前に広い駐車場がある、この施設ならではのサービスと言えるかもしれません。
やすぎファミリークリニックの診療内容は、小児科疾患、内科疾患、生活習慣病、ケガやヤケドの処置と幅広い。
アレルギー疾患の診療にも精通しており、最近こどもに限らず大人でも増加している食物アレルギーを含め、気管支喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎など複数のアレルギー疾患でお悩みの患者さまを当院で包括的に適切に診療できることも強み。
また、健診、企業検診、予防接種、レントゲン検査、血液検査、心臓超音波検査も守備範囲。
「学校心臓健診や検診で受診をすすめられた方、心雑音を指摘された方、川崎病の退院後のフォローアップが必要な方、心臓が心配な方などおられましたら気軽にご相談ください」と、八杉先生。
image
さらに、アロマテラピストによるアロマトリートメントが院内特別室で受けられるということも同院の大きな特長です。
心臓疾患やケガなどの緊急時対応から普段の健康診断、アロマで心の癒しまで。総合的に宝塚山手台の健康を守ってくれる医院の誕生です。

お店のデータ

小児科・内科やすぎファミリークリニック

なかたに
スマイル歯科医院

院長中谷 聡一郎 氏

大阪歯科大学卒業後、大阪歯科大学附属病院総合診療第一科に勤務。保存修復、歯内治療、歯周治療、義歯補綴などの一般歯科に従事し、卒後研修を修了。研修後は大阪府茨木市の歯科医院に勤務し、一般歯科、小児歯科を担当。その後大阪市阿倍野区の歯科医院に勤務し、一般歯科、小児歯科、口腔外科、インプラント治療に従事。並行して大阪市浪速区の歯科医院にて訪問診療も行っている。
複合商業施設には宝塚山手台待望の歯科、「なかたにスマイル歯科医院」が開院します。同院院長は中谷聡一郎さん。中谷先生は、来患数の多い大規模歯科医院で数多くの様々な症例を経験し、小児歯科、矯正治療、口腔外科などの各専門分野、重病者や高齢者に対する歯科診療など、多彩な分野を学んで来られました。そういった多くの経験を踏まえて、宝塚山手台で新しくオープンする医院では、全ての患者さんが安心して治療を受けられる理想的な医院にするべく準備しておられます。
image
「特に意識したいのは、『感染予防』。地域一、日本一清潔な医療環境を目指したいと思っています」と中谷先生。歯科医院でも院内感染の原因は意外と多いそうです。
「例えば、歯や詰物を削った時に発生する粉塵は口腔内細菌が付着しています。口腔内の水分の吸引などはよく体験される場面だと思いますが、この吸引では粉塵までは吸引できません。そこで『口腔外バキューム』という装置を各診療スペースに用意します。また、治療の途中に口を濯ぐ装置も必ず歯科にはありますが、この装置にストックされた水も感染源になり得ます。それを防ぐウォーターライン除菌装置も導入します」。
そのほか、医療用の大型空気清浄機や、世界で最も厳しい「クラスB滅菌システム」の導入なども計画しています。日本一清潔な医院を目指されているだけあって徹底していますね。治療に関しても様々な最新の機器を備えています。特に注目したいのは「ダイアグノデント」という機器。誰でもできるだけ自分の歯は削りたくないもの。中谷先生も「自分の歯に勝る人工物はない」という考え方で、この機器は削る必要がある虫歯かどうかを精密に測定する装置なのだそうです。
また、“歯が痛くなっては来院し、完治する前に痛みが取れると通院を止めてしまい、また再発して再治療する”といった本来不要な治療をせざるを得ないケースを多々経験してきたことから、予防医療に積極的に取り組んでいきたいと言います。「歯科医師が患者さんと相談しながら、一緒に健康を創り上げていく、というスタンスが大切です。
その他、子ども向けの予防治療のサービスや高齢者の方々に対する口腔ケア指導など、地域との連携も計画中です。“歯科”を通じて、宝塚山手台の地域、お住まいの方々に貢献していきたいと思っています」。
医院のイメージカラーもこのまちらしく「グリーン」。宝塚山手台にクリーンでさわやか、人にやさしい歯科医院が誕生します。
image

お店のデータ

歯科なかたにスマイル歯科医院

宝塚まりも
動物病院

院長小松 広宗 氏

北海道大学獣医学部卒業、大学時代は外科学研究室に所属。卒業後、大阪府茨木市の病院に勤務。その後、箕面市、高槻市の病院で副院長に就任し、一般診療を行いながら、歯科、腫瘍科、猫の専門診察なども行う。国際猫医学会、日本獣医がん学会、日本獣医画像診断学会、日本獣医内分泌研究会、獣医耳研究会に所属。
image
ペット好きの方も多い宝塚山手台。複合商業施設に待望の動物病院がやってきます。「宝塚まりも動物病院」です。院長は獣医師 小松広宗さん。小松先生は根っからの動物好きだそうです。
「獣医師になろうと決心したのは、当時ペットとして飼っていた鳥が不慮の事故で死んでしまったことがきっかけでした。事故は防げないまでも、愛するペットが病気やケガに苦しんでいるときに助けられる力を身につけたい、と獣医師の道を考え始めました」。
その後、獣医師になる決意を固め、人気マンガの舞台のモデルとなった北海道大学の獣医学部へ進学。そして卒業後は茨木市内の病院に勤務し、箕面、高槻の副院長を歴任して来られました。
「動物の中でも特に猫が好きなんです。宝塚山手台は犬の散歩を楽しまれている方が多いですが、犬も大好きですね。緑が豊かで公園も多いこのまちは、動物との暮らしを愉しむにはぴったりのまちですね」と小松先生。
動物病院を開くにはベストな場所だと、開院を決められたそうです。
さて、宝塚まりも動物病院は、どんな病院になるんでしょうか?
「犬と猫の診療を中心とした病院になります。犬や猫は実は歯の疾患がとても多いんです。動物は人間のようにおとなしく治療を受けてくれませんから、歯科治療にも全身麻酔が必要。当院では、全身麻酔ができる設備や技術がありますから、手をこまねいているうちに病気を悪化させることなく、しっかりと治療ができます。また、動物も死因のトップは癌。人間への治療と同じように、放射線、抗がん剤、手術、そしてその組み合わせなど、難しい診断・治療が求められます。そして場合によっては、できるだけ楽な余生を送らせるホスピスのような選択肢も考えなくてはなりません。直すことができない状況でもやれることはありますからね。これも人間の患者さんと同様です」。
また、大学時代は外科を専攻し、その後、難易度の高い手術経験を積んで来た小松先生は、各種外科手術も専門分野。大がかりな手術を行える設備もそなえます。猫については、国際猫医学会が定めるCat Friendly Clinicの基準を満たす設備も用意されています。
病気の治療も大事ですが、病気にならないことも重要です。ワクチンや日々のケアなどの予防医療、食事の管理など病気になりにくい体作りにも力を入れています。
image
「私自身が動物好きということもありますが、今の時代、ペットはもはや家族だと思うんです。ペットに愛情を注ぎペットから愛情をもらい、その結果幸せな気持ちになってその人の精神が安定しますよね。それって家族そのものだと思うんです。ご高齢の方はペットのお散歩が運動になって健康にもなるし、子どもは免疫が強くなると、いいことずくめ(笑)。当院では、健康診断や人間ドックならぬ『わんにゃんドック』なども実施します。ぜひ、家族を連れてくる気持ちで気軽にお越しください」と小松先生。
どんなペットを飼えばよいかなどの相談にも応じてくれるとのこと。確かな医療技術、そして気持ちが暖かくなる動物病院が宝塚山手台に誕生します。

お店のデータ

動物病院宝塚まりも動物病院

ファミリーマート
宝塚山手台店

開発課長福岡 満 氏・宮﨑 修一 氏

【福岡 満氏】株式会社 ファミリーマート 兵庫・岡山ディストリクト開発1課 課長
【宮﨑 修一 氏】株式会社 ファミリーマート 兵庫・岡山ディストリクト開発1課
宝塚山手台は、開発当初から阪急阪神不動産(当時、阪急不動産)がまちづくりを行ってきました。今回、新たに誕生する複合商業施設に関しても、住民の方々の暮らしが豊かになる施設にすべく、何年も前から計画を進めてきました。まず、阪急阪神不動産が最初に声をかけたのが、彩都にも出店しているコンビニエンスストア「ファミリーマート」でした。
image
株式会社ファミリーマートは、全国に広がる店舗ネットワークを活かして「地域密着」をテーマに掲げるコンビニ。
今回、本シリーズの締めくくりとして、同社 兵庫・岡山ディストリクト 開発1課 開発課長の福岡満さん、同課 宮﨑修一さんにお話をお伺いしました。
「阪急阪神不動産さんからお声掛けいただいたときに感じたのは、『宝塚山手台の暮らしをさらに良くしたい』という熱い想いでした。住民の方々の声をよく聞いておられ、その声を複合商業施設に反映しようとされていました。ファミリーマートはいろんな町に出店しますが、ここまで地域の方々の声を事前にヒアリングするのは物理的に不可能。暮らしのデザインから宅地の販売まで一貫して行う阪急阪神不動産ならではの強みだと思いましたね。私たちも店や会社の名前に『家族』という言葉が入っていて、地域や暮らしに寄りそうことをコンセプトとしています。この熱い想いに負けられない、と計画に参加させていただくことにしました」。
福岡さんはまず、商業施設を専門とする企画会社と連携。その3社で複合商業施設の構成イメージをつくっていきました。そのとき書かれた計画書にはすでに、医院、薬局、動物病院、ビューティサロン、コンビニエンスストアという現在のテナント構成が固められていました。
「こういったまとまった土地に商業施設をつくるなら、大きな店舗を2店ほど誘致すれば、比較的スムーズに話はまとまります。しかし、宝塚山手台で暮らす方たちの声を阪急阪神不動産さんから聞いていたからには、簡単に話を終わらすわけには行かなかったんです」と、福岡さんも負けず劣らず熱い想いで語ります。福岡さんと宮﨑さんは企画会社と協力して粘り強く行動し、現在までレポートしてきた素晴らしいテナントの方々に出会えたと言います。
image:キッズコーナー
「私たちファミリーマートも負けてられませんよ。「地域密着のコンビニ」を目指して、この宝塚山手台に暮らす方々に寄りそうサービスを創っていきたいと思っています」と福岡さん。宝塚山手台の住民の方々と「コンビに」、このまちの暮らしを心地よくしてくれそうです。

※取材内容は2018年9月22日現在のものです。