阪急阪神のリノベーションダブル10年保証

AFTER SERVICE

業界最高水準の
安心をお届けします。

阪急阪神のリノベーションは、
最長10年間の長期保証。

阪急阪神のリノベーションでは、専有部の重要インフラ部分となる給湯給水管、排水管、ガス配管、水まわりの住設機器に10年の保証を実現しています。施工品質に対する自信があるからこそできる、安心の長期保証となっています。

長期保証

専有部の重要インフラ部分と
水まわり住設機器に
「ダブル10年保証」を実現。
専有部の
重要インフラ部分給湯給水管・
排水管・ガス管
従来
2年保証
スタイルズ
10年保証
水まわり
住設機器キッチン・浴室・洗面・
トイレ・給湯器
従来
2年保証
スタイルズ
10年保証

※リノベーション工事施工箇所、物件毎に定める契約条件により、部位として対象外となる場合があります。詳しくは、阪急阪神アフターサービス規準書、売買契約書類、各特約条件をご確認ください。

ご入居後も専任スタッフが
定期点検サービスを実施。

お引き渡し後には専任スタッフによる2回の定期点検が実施されます。時間が経過してからも、適切なタイミングで、正しいお手入れ・メンテナンスをご提案し、いつまでも快適なお住まいを維持します。

【主な点検項目の一例】
水まわり
扉・引出しの開閉確認
給湯器動作確認
ガスコンロ着火確認
水栓吐水・止水確認
給排水管・漏水確認
レンジフード動作確認
浴室換気扇動作確認
手摺・備品取付け確認
など
建具
開閉確認
建具と縦枠との隙確認
クローズ機能動作確認
など
床(フローリング)
床鳴り確認
床材の浮き確認
巾木取付け確認
など

QUALITY CHECK

新築マンション施工と
同等の検査体制。

工事段階に応じて、
現場状況を複数の視点で検査。

工事管理者により、各工種毎に検査が行われ、設計担当者により中間・竣工検査が行われます。これに加えて、当社の品質管理スタッフが独自の検査基準に則って入念なチェックを実施。複数の目による検査体制により、品質管理を徹底しています。

自主検査項目を工事管理者と品質管理スタッフが検査する体制をとっています

設計
担当者

+

工事
管理者

+

品質管理
スタッフ

『阪急阪神のリノベーション』品質管理体制

「適合リノベーションR1住宅」の
検査項目に加えて、
約130項目の自主基準に則った
入念なチェックを実施。
設備工事11項目
給水管・給湯管の動作確認 (R1)
ガス管のガス漏れ・動作確認 (R1)
システムキッチン工事7項目
各部漏水・通水テスト (R1)
扉・引き出しの建付け・開閉確認
ユニットバス工事18項目
トラップの流水・排水テスト (R1)
水張り・漏水テスト (R1)
洗面化粧台工事16項目
各部漏水・通水テスト (R1)
水張り・漏水テスト (R1)
トイレ工事17項目
各部漏水・通水テスト (R1)
排水ソケットの接着位置確認 (R1)
木工事11項目
間仕切り壁の確認 (R1)
軸組材の下地間隔等の確認 (R1)
ボード貼り工事9項目
天井ボード固定・周辺部の確認 (R1)
壁ボード固定・周辺部の確認 (R1)
二重床工事9項目
合板の施工確認 (R1)
支持脚の固定方法 (R1)
フローリング貼り工事9項目
板目地の隙間・段差確認
壁面との取り合い
クロス貼り工事11項目
パテ処理・シーラー処理
ジョイント部・下地の凹凸
電気工事9項目
情報系配線・通電確認 (R1)
換気設備の動作確認 (R1)

※(R1)…「適合リノベーションR1住宅」検査項目

適合リノベーションR1住宅とは?

「適合リノベーションR1住宅」とは、リノベーション住宅推進協議会の定める統一基準に則ったリノベーションが施された既存住宅のこと。対象となる物件によってR1住宅~R5住宅に区分されており、マンションの専有部についての統一基準を「R1住宅」としています。

R1住宅

リノベーション住宅推進協議会について

リノベーションに関する技術や品質などの標準化、普及浸透の事業などを通じ、誰もが安心してリノベーション住宅を選べる市場の創造を目的に設立された一般社団法人。阪急阪神不動産は協議会正会員です。

リノベーション住宅推進協議会

物件情報は欲しい!
でも必要情報の入力が面倒という方へ

お名前とメールアドレスだけで登録OK!

スマートメンバーズ
トップへ戻る

お電話から

お問い合わせ
フォームから