大阪・兵庫・京都で展開する阪急阪神不動産のリフォームサービス

menu

リフォームメニュー

『耐震』リフォームとは

耐震性能は「建てられた年代」
により異なります。

1981年の改正建築基準法より
以前の住まいは診断を。

有資格者による『耐震診断』を
おすすめします。

耐震診断の流れ

予備調査

建物概要(延床面積、竣工年、構法など)、関係書類(設計図書、確認申請書類、検査済証等)、増改築等の履歴など、耐震診断に必要な建物の基礎資料を得ることを目的にしています。

現地調査・状況確認

現地にて図面と現況建物を照合しながら、屋根の種別、耐力壁の有無、基礎の状況等を目視により確認します。また、建物の内外に見られるひびわれ、床のたわみ、柱の傾斜など、不動沈下などを状況に応じて実測します。

耐震診断

予備調査及び現地調査の結果を踏まえて、建物が保有する耐震性能を評価し、現行の耐震基準と比較して判定を行います。建物の地震時における安全性を評価し、補強の要否を判定します。

補強工事

耐震診断で補強の必要性が生じた場合は、耐震改修設計を行い工事の見積を作成します。ご希望によって補強工事を実施します。

阪急阪神不動産の豊富な実績を
活かした耐震補強。

診断結果に元づき、専門の有資格者が
きめ細かくご提案します。

日本瓦などの重さのある屋根材を金属瓦などの軽量な屋根材に交換して耐震性を高めます。

必要な箇所に筋交いを入れる、構造用合板を設置する等して壁を補強します。

基礎の補強や、柱・梁・土台・筋かいなど躯体の接合部を金物で補強します。

床下の湿気による土台の腐食を防ぐため防湿処理を施します。またシロアリを防ぐ防蟻処理も行うことで耐久性を高めます。

阪急阪神不動産独自の
検査体制も万全です!

当社では耐震補強工事を実施する現場について
専門の検査員が巡回の上現場の施工確認を行っています。

マイホームの『シロアリ対策』も
おまかせください。

被害拡大を防ぐには
早期発見・定期点検が重要です。

床下点検の流れ

(点検時間:1時間~1時間半)

REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY
  • リフォームの進め方
  • リフォーム体験記
  • スタッフ紹介
  • よくあるご質問
  • オフィシャルブログ
実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0012-8984-90営業時間 10:00~18:00(水曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら

資料請求

お見積り
ご相談

トップへ戻る