大阪・兵庫・京都で展開する阪急阪神不動産のリフォームサービス

menu

お役立ちコラム

『片付けたいけど時間が無い』片付けのハードルを低くする 3つのポイント

2022/08/22

お役立ちコラムイメージ画像

「片付けたいけど時間が無い…」
そんなあなたへ
片付けのハードルを低くする
3つのポイント

片付けが必要だとは思っても、なかなか始められない。
片付けたいと思うけれど、腰が上がらない。

片付けが良い事なのは頭では分かっているけれど、いざ片付けようと思うとなかなか作業を進められない、つい他の事をしてしまうという方は多いのではないかと思います。

また、「片付けたいとは思っていますが、なかなか時間が無いんです」という意見は、非常によく聞きます。逆に言えば、そう思っているのはあなただけではないということなので、時間が取れないからと言って気にし過ぎる必要はありません。

今回は、ほんの少しだけ片付けへの気持ちのハードルを下げるポイントを3つご紹介します。
これから秋にかけて、気候も心地よく、まさに片付けにはベストシーズン。気持ちを整えて、年末に向けて片付けを進めていきましょう。

 

ポイント①
『片付けは1日中する』という思い込みを手放すタイトル背景

『片付け』と聞くと、引っ越しかと思うほど大掛かりな作業をしなくてはならず、1日中かかってしまうと思っていませんか?

実は、これが片付けのハードルを上げている一番大きな原因です。
決していきなり広い場所・大きな場所を片付ける必要はありません。
ここでのポイントは『時間で区切る』ことです。

先ほども書きましたが、片付けを1日中やらなくてはいけないと思って、なかなか作業が進められないのなら、最初から作業する時間を決めておきましょう。時間内だけは集中しようと思って作業をおこなうことができます。

まずは『片付けは1日中やらなくてはいけない』という思い込みを手放しましょう。

 

 

ポイント②
15分をワンクールと捉えるタイトル背景

先ほど、『片付けは1日中やらなくてもいい』と書きました。
実は、人が深い集中力を発揮できるのは15分程度という調査結果も出ています。つまり、一番理想的なのは15分をワンクールとして、タイマーをかけて少々休憩を取りながら『15分×3回=45分』というリズムを作って作業をしていくのがお勧めです。

1日15分から始められる場所には、以下のものがあります。

・お財布の中身
・名刺入れの中身
・スマートフォンの連絡先の整理
・小さな引き出し1つ
・エンピツ立てに入っている文具の整理

広い場所ではなく『良く使う場所、そんなに広くない場所』から始めていくと片付けを途中で諦めずに続けていけるでしょう。

 

ポイント③
面白いタイマーを使うタイトル背景

時間を計る時にスマートフォンや普通のタイマーを使う事もあると思いますが、ちょっと面白いタイマーもあるので紹介します。

面白タイマーその1
<時間を量で見ることができる『タイムタイマー』>

こちらは通販サイトで『Time Timer』と検索していただくと出てくるタイマー。
赤い部分が残り時間です。時間が経つにつれて赤い部分が減っていきます。残り時間を目で見ることができるので、集中して作業に取り組むことができるでしょう。
お子さんの勉強やゲームの管理にも使うことができます。

面白タイマーその2
<集中力を高めるアプリ『集中』>

こちらが変わり種で面白いと思ったのはこちらの『集中』というアプリ。
『集中力を高める』と書いていますが、基本はタイマーのアプリです。
アプリ上で表示される何気ない一言に、ちょっとクスッと笑える要素が散りばめられているのと、『なぜタイマーを掛けなければいけないのか』という理由を丁寧に書いてくれているので、まさに『重い腰を上げたい』ときに使ってみるのといいでしょう。

 

REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY
実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0012-8984-90営業時間 10:00~18:00(水・日曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら
リフォームのアイデア更新中
フェイスブック
インスタグラム
採用情報 協力工事店募集

資料請求

お見積り
ご相談

トップへ戻る
資料請求 お見積りご相談