大阪・兵庫・京都で展開する阪急阪神不動産のリフォームサービス

menu

お役立ちコラム

重ねて収納できる収納用品は、 本当に便利?

2021/09/20

お役立ちコラムイメージ画像

家で過ごす時間が長くなり、見て見ぬふりをしていた収納の見直しをしようかと収納用品を購入された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

重ねて収納できる収納用品は、本当に便利?というテーマで収納について考えましょう。

では、本日のコラムをどうぞ。

日本人の好きな『収納用品』

 

100円均一ショップやインテリアショップなど、オシャレで機能的な収納用品が数多く販売されています。

日本は国民性のためか『美しく収納』することを好み、限られた収納スペースを活かすため “コンパクト、収納スペースを占めない”という売り文句の商品が注目され、人気が集まりやすい傾向があります。

少し前にレジ袋が有料化されましたが、エコバッグも『一瞬でたためる』や『畳むとコンパクト』などのキャッチコピーが付いた商品が話題になっていますね。

 

 

 

『重ねて収納できる』

 

今回のテーマは、先日購入した保存容器に書かれていた『重ねて収納できる』という売り文句について。

先ほども書きましたが、限られた収納空間を生かすため、コンパクトになることをアピールした広告のひとつがこの『積み重ねて収納できる』です。

しかし、実はお片付けの中では『重ねる』という方法は勧められていません。なぜなら使いたい時に使いにくくなるからです。

 

先ほどの保存容器を実際に積み重ねてみると、こうなります。使うときは、以下の手順になりますね。

 

(上の保存容器を使う場合)

① そのまま取れば使うことができる

② ただし急いでいる場合など、下の保存容器が倒れる場合もあるので注意が必要

 

 

(下の保存容器を使う場合)

①上に重ねた容器を取り外す

②取り外した容器をどこかに置く

③下の容器を取る

このように、重ねてしまうと使うまでの間に多くの手間を取らなくてはいけなくなります。

 

 

 

 

収納するときは、使う際に『使いやすく』収納することが最も大切。

その際、取り出すまでに必要な手順は“ワンアクション”

一度の動きで取り出せる収納方法が最適です。積み重ねることができるのは、コンパクトに収納できるという点では優秀な方法です。

しかし、使う場合を考えると重ねることは不適切であると覚えておきましょう。

 

 

 

どうしても積み重ねたい

しかし、それは分かるけど積み重ねないと収納ができない…という場合もあるはず。

そんな場合は積み重ねられるのは2つまで、と意識してください。食器棚の中でお皿を積み重ねる、フタ付きの収納ケースを重ねる場合も同じです。

2つという数の理由は先ほど述べた通り、取り出すまでの手間を少なくするため。3つ以上のものを重ねてしまうと下の方のものを取り出すことすら面倒になるので注意してください。

こういったコの字の形をしたラックを利用することもオススメです。上の容器を取り外すことなく下の容器を使うことができます。

 

 

 

 

まず考えるべきは…

 

「重ねないと収納ができない」と、収納用品をコンパクトにすることを考えるのではなく、重ねなくても収納できるような数の物を持つ、という意識を持つことが大切です。

何度か書いていますが、まずは現在手元にあるものを『使っているか、使っていないか』で区別し、使っているものだけを残す。そして、それを収納すれば収納用品に頼らなくても使いやすくなるはずです。

収納用品が重ねられて便利かどうかの前に、お手持ちのものが本当に必要なものだけか、しっかりと見直ししてみるのはいかがでしょうか。

 

 

角型の容器

 

今回のテーマに挙げさせていただいた保存容器はカインズさんで販売されている『片手で開け閉めができる保存容器 正方形』です。

 

気に入っている点は以下の通りです。

 

・角型の保存容器なので、引き出し内でのおさまりが良い

・引き出し内にスキマ無く収納ができる

・片手で開け閉めができるので、開閉にストレスが無い

・透明なので中身が見えやすい

 

保存容器のキャッチコピーには『重ねて収納できる』と書いてありますが、それをメリットと感じて購入したわけではありません。

収納用品を買う際は、いまの自分にとってどのような機能があると使いやすいかを考え、それに合う収納用品を探すようにすると失敗しにくくなりますよ。

 

阪急阪神のリフォームでは、収納の施工事例たくさん掲載中。ぜひ参考にご覧ください。

REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY
実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0012-8984-90営業時間 10:00~18:00(水・日曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら
リフォームのアイデア更新中
フェイスブック
インスタグラム
採用情報 協力工事店募集

資料請求

お見積り
ご相談

トップへ戻る
資料請求 お見積りご相談