大阪・兵庫・京都で展開する阪急阪神不動産のリフォームサービス

menu

お役立ちコラム

ラベル、貼ってますか?収納の仕上げ、ラベルについて

2021/07/16

お役立ちコラムイメージ画像

いよいよ夏休み!イベント・行楽と何かと忙しくなりますね。

 

昨年はコロナの影響により、旅行・帰省など外出を自粛された方が多かった年でした。家で過ごす時間が増えたことをきっかけに、「住まい」「くらし」「生活スタイル」について考えた方もいらっしゃいますよね。

家族が家にいる時間が増えると、家の中も散乱して・・・というお声も聞こえてきます。

そんな方には、収納する際にぜひひと工夫を施して頂きたいと思います。今日のコラムでは整理整頓した後、「使い勝手を良くする一工夫」をご紹介させていただきます。

 

 

では、本日のコラムをどうぞ。

 

 

 

「 ラベル、貼ってますか?収納の仕上げ、

ラベルについて 」


 

片付けの基本は、「使っているもの、残したいと思う物を手元に残すこと」です。そして、「残す」と決めた物を収納していきます。

しかし、収納のカゴを買ってそこに入れたけれど、上手に元の状態に戻せずに結局散らかってしまう、家族が元の場所に戻せない、などのお悩みはありませんか?

 

イメージ

 

実は、その原因は『ラベル』にあります。

しまうことに満足してしまってラベルを貼っていない方を見かけますが、皆様はいかがでしょうか。
今回は以下の3つの状態を見比べていただき、ラベルの効果を体感してください。

① ケースで分けただけ
② 文字のラベルのみ
③ 文字のラベル+写真のラベル

 

 

①ケースで分けただけ


 

こちらはおもちゃを種類ごとに分け、ケースに入れた状態です。

分けた本人はどこに何が入っているか分かっていても、いざ片づけてもらおうと思うと違う場所に入れてしまったり、中身が混ざってしまうことになります。

 

イメージ

 

 

②文字のラベルのみ


 

こちらはラベルライターでラベルを作成し、ケースに貼った状態です。
これだけでも中身がハッキリしました。ラベルには『中身を示す』という効果があるので、文字が読める子ども達ならこれで十分です。

しかし、おもちゃは対象年齢がもっと低い子ども達が遊ぶもの。

子ども達が分かりやすいラベルを用意してあげることも大切です。

 

イメージ

 

 

③文字ラベル+写真のラベル


 

こちらは先ほどの文字のラベルに加え、写真もラベルにして貼りました。
中身の分かりやすさがぐんと増したのが分かります。

お子さんの特性にもよりますが、写真もしくはイラストのラベルを文字ラベルと併用してあげると、お子さんたちが元に戻しやすくなります。

 

イメージ

 

写真をラベルにするのはハードルが高い、と思った方は下の写真のような市販のイラストシールを利用したり、イラストを描いて貼るのも効果的です。

 

イメージ

 

写真ラベルを作る場合は、ケースや引き出しを真上から見た状態で写真を撮るのがお勧めです。一目みただけで何が入っているかが分かりますね。

 

イメージ

 

 

 

まずは中身を見直してから


 

こういった話題を書くと、まずはラベルを貼ればいいのかと思わる方がいますが、まず必要な作業は『収納の中身を見直すこと』です。
ラベルを貼ろうとしているケースや引き出しの中には、本当に必要な物だけが入っていますか?
まずはそれを見直してから、ラベルを貼るようにしてください。

 

 

 

ラベルはガイド板


 

最後になりますが、何のためにラベルをするのか考えたことはあるでしょうか。
ラベルを貼ることは、中身を書いたシールをケースに貼る作業ではありません。
様々な効果がありますが、一番の役目は『ガイド板』です。
イメージ

例えば、もしもスーパーでカレールーが買いたいと思ったら、まず天井に提げられているガイド板を見て「カレー」と書いてある列に向かいますね。
そして、『カレールー』と書かれた目印を見ながら陳列棚に向かっているはずです。
これがもしも、ガイドが無かったらどうでしょうか。

 

一つの品物を買う時にあちこちをウロウロと歩き回ることになり、結果として買い物に時間が長くかかってしまいます。
ラベルには置き場所を示すガイド板という役目とともに、探し物をする時間を減らすという効果もあります。
どうかラベルを貼る作業は、面倒と思わずにやってみてくださいね。
収納の仕上げとなり、探し物を減らし、出したものを元に戻しやすい状況を作ってくれます。      

 

阪急阪神のリフォームでは、収納の施工事例たくさん掲載中。ぜひ参考にご覧ください。

REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY
実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0012-8984-90営業時間 10:00~18:00(水・日曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら
リフォームのアイデア更新中
フェイスブック
インスタグラム
採用情報 協力工事店募集

資料請求

お見積り
ご相談

トップへ戻る
資料請求 お見積りご相談