大阪・兵庫・京都で展開する阪急阪神不動産のリフォームサービス

menu

お役立ちコラム

思い出の作品との上手な付き合い方

2021/03/19

お役立ちコラムイメージ画像

少しずつ暖かさを感じられる季節になってきました。

この季節になると「新しい年度の始まり」ということもあり、整理整頓をされる方も多いのではないでしょうか。新年度に向けて、年末とは異なる振り返りのタイミングです。将来、その年度を懐古できるよう、節目節目に整理しておくのも一つですよね。今日はそんな「思い出整理」のポイントをご紹介します。

 

 

では、本日のコラムをどうぞ。

 

 

 

 

「 思い出の作品との上手な付き合い方 」

 

 

桜のつぼみがほころび始めるこの時期、自分が作った作品を家に持って帰るお子さんも多いのでは、と思います。
お子さんの持ち帰る作品たちは、意外と片づけられないものです。

「子どもが一生懸命描いたものだから捨てられない」
「素敵な作品だから捨てられない」
「なんだかもったいない」
色々な気持ちが混ざって、片づけられない・片づけかたが分からない場合もあるのではないでしょうか。

 

イメージ

 

ですが、どうか「記念になりそうだから」と全て残そうとするのではなく、「なぜ残すのか」を考えながら「残す作品」を選んで みてはどうでしょうか。
今回は「子どもの思い出の作品」を上手に付き合い、残していく方法について書いていきます。

 

 

 

写真に残す


 

作品を残す方法として一番簡単なのは「写真に残す」方法です。持ち帰ってきた作品はすべて並べて撮影しましょう。
写真に残すことでいつでも見返すことができます。また、この方法だと作品が一番美しい状態を残しておくことができます。

作品と共にお子さんを横に寝かせて一緒に撮影することで、持って帰って来た時のお子さんの様子も一緒に写真に収めることができるので、良い記念になりますね。

 

イメージ

 

 

 

残すものの順位を決め


 

先ほどの写真撮影のあと、並べられた作品の中からお子さん自身に好きな作品のベスト3を選んでもらうのはいかがでしょうか。
そして、その3点は現物を残すようにします。選ばなかった作品は本人の了承を得た上で手放すことを検討されても良いかも知れません。

全てを残そうとすると、数が増え過ぎてしまい管理しにくくなります。
「残す作品」を一緒に決める ことで、残した作品たちを大切にすることができます。 どうしても物を残しておきたくなります。

 

イメージ

 

 

 

スペースを決めておく


 

スペースがあると思うと、どうしても物を残しておきたくなります。
立体作品などのかさばるものは、適度な大きさのケースなど『残すスペース』を決めておきましょう。
残すスペースを決めておくことで、残せる量を考える ことができます。

 

 

 

なぜ残すかを考える


 

思い出の作品を残したいと考えるとき、そこには様々な理由があります。

・お子さんの成長記録として

・その時期にしか描けない絵

・文字を見返したくて

・作品が素晴らしいから

・自分自身が「子どもが大きくなったな」と感じたくて

 

思い出のものは、過去の出来事を思い返す ことができるツールです。だからこそ、「なぜ残すのか」を考えながら、思い出の作品たちと上手にお付き合いしていただけたら、と思います。

 

イメージ

 

 

 

いかがでしたでしょうか。
お子様の成長の思い出だけでなく、大人になっても思い出はどんどん増えていきます。すべてを丁寧に仕舞うのは大変な作業ですが、年度、年末、引越など何かのタイミングで、一度振り返るタイミングを設けてみるのはいかがでしょうか。収納する場所に困ったときには、当社のリフォームアドバイザーにご相談くださいね。

 

阪急阪神のリフォームでは、収納の施工事例たくさん掲載中。ぜひ参考にご覧ください。

REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY
実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0012-8984-90営業時間 10:00~18:00(水・日曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら
リフォームのアイデア更新中
フェイスブック
インスタグラム
採用情報 協力工事店募集

資料請求

お見積り
ご相談

トップへ戻る
資料請求 お見積りご相談