大阪・兵庫・京都で展開する阪急阪神不動産のリフォームサービス

menu

お役立ちコラム

新しい時代のはじまりに基本のおさらいを

2020/11/20

お役立ちコラムイメージ画像

来月はもう師走。

「平成」から「令和」に代わって2年目。新型コロナから始まり、楽しみにしていたオリンピックは来年へ。緊急事態宣言期間中は「ステイホーム」と、大人は在宅勤務、子供たちはリモート学習、まさに新しい生活様式が始まった1年でした。おうち時間の過ごし方についても考えさせられた年となりました。

 

今年は、在宅時間が例年より長く、家の整理をされた方も多かったのではないでしょうか?今日は、整理・収納の基本の「基」をおさらいしてみたいと思います。

 

では、本日のコラムをどうぞ。(引用元のコラム原文より加筆・修正している箇所がございます。ご了承ください。)

 

 

 

「 新しい時代の始まりに基本のおさらいを 」

 

 

物を出した後の紙袋は?


 

新しい年に向けて気分も一新、この機会にお家をすっきりさせたいとお思いの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は身近なモノを例に『整理』の基本をおさらいしてみたいと思います。

在宅時間にネットショッピング、GO TOトラベルキャンペーンを活用して出かけた先で買い物を楽しまれたという皆さん、買ってきた物はどうされていますか?もちろんすぐ紙袋から出して使える状態にしていますよね!

では物を出した後の紙袋は?いつも『とりあえず』置いておくという方、今お家の中に紙袋が何枚あるか把握できているでしょうか。今年、有料化されたレジ袋や紙袋。袋代の節約のためにも、使いきれないほどの量を持っているようならおさらいのチャンスです!

 

 

紙袋を1か所に集める


 

まずはお家にある紙袋を1カ所に集めてみましょう。ちょっとした隙間に詰まっていることも多いもの。奥のホコリも一緒に連れ出してくれるので、アレルギーのある方はマスクをすることをおすすめします。そしてもう捨ててもいいような軍手をしておくと、紙袋を出したついでにさっと拭くことができて便利。

とにかく『紙袋だけを集める』ことに集中します。

 

イメージ

 

 

『使えるもの』と使い道で分ける


 

 

『全部出し』ができたら『分ける』作業です。
ポイントは『使い方を考える』こと。使えない状態のもの(破れている、汚れている)はまず除外します。また、使い道が『お出かけ用サブバック』であったり『エコバックとして』であれば、それぞれ適した場所へ移動。残った『使えるもの』を使い道で分けます。

 

イメージ

 

我が家では
〇自宅で使うもの→仮収納用・着替え持ち出し用(サイズで分ける)
〇人に差し上げるもの→食品用、その他小物用
という使い方で分けました。

 

分け方は各ご家庭で工夫してください。
ただ、カテゴリーが多すぎると分けるのも探すのも大変になりますので4種類程度にしておくのがよいでしょう。

 

 

空間から適正量を決める


ここで分けたものの収納場所を確認してください。
カテゴリー別にまとめたものをどれだけ持てるか、空間から『枠』=適正量を決めてしまいます。
我が家では収納庫内の棚1段を『枠』としています。

 

イメージ

 

 

空間から割り出した『持てる量』に対して紙袋の量がまだまだ多い時はもう一つ、分ける基準を追加します。
それは『使いたいかどうか』
紙袋のデザインやサイズは自分が持つ時、差し上げる時に選びたくなるものでしょうか。
選ばれないものはいつまでも残ってスペースを圧迫するだけなので、この時点で除外してしまいましょう。

 

『持てる量』にしぼった『使いたいもの』を『枠』に収めて、これで紙袋の整理が完了です。
この流れは全ての『整理収納』に共通します。
出す→分ける→減らす→しまう
多すぎるモノをとにかく減らしたい時はアイテムごとにこの手順で進めていきましょう。

 

 

令和3年に向けて、年末のお掃除&お片づけの準備を!
基本を忘れず、でも頑張りすぎないでやってみてくださいね!

 

 

 

阪急阪神のリフォームでは、収納の施工事例たくさん掲載中。ぜひ参考にご覧ください。

REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY
  • リフォームの進め方
  • リフォーム体験記
  • スタッフ紹介
  • よくあるご質問
  • オフィシャルブログ
実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0012-8984-90営業時間 10:00~18:00(水・日曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら
リフォームのアイデア更新中
フェイスブック
インスタグラム

資料請求

お見積り
ご相談

トップへ戻る
資料請求 お見積りご相談