大阪・兵庫・京都で展開する阪急阪神不動産のリフォームサービス

menu

お役立ちコラム

玄関のその腰高が甘い罠。目指せ!仮置きゼロ。

2018/03/04

花の香りが漂う季節が巡ってまいりました。
今回のすっきりお片付けは「玄関に入ると散らかっているのが目につく。すっきりさせたい」という相談をわたしの知人からいただき原因を一緒に追求してみました。玄関は、その第一印象が住人の性格や暮らしのイメージにつながる場所。
清潔感があるか、雑然としているかで、どのような人かを想像させてしまいます。
玄関がすっきりしているだけで好印象をもってもらえたら嬉しいですね。
雑然として見えるのは腰高のシューズボックスの上が原因でした。腰高サイズ(約80㎝~90㎝)は、手にあるモノを無意識に仮置きする高さ。散らかっていると感じる場合、この高さが雑然としていることが多いようです。
 
写真左側 : Before
そこで、知人に置いているモノを一つ一つ分別し、玄関に残すモノを確認していただきました。
[使うモノ]
置き時計
[使わないモノ]
帽子、DM葉書など郵送物、籐カゴとその中のモノ帽子⇒ 帽子掛けがありますがつい置いてしまう。
DM郵送物⇒ 廃棄する前につい置いてしまう。
藤カゴの中のモノ⇒ 古乾電池やライター、ペン等、仮置きのまま。必要なモノは時計のみ。それだけではあまりに殺風景とのことで
お庭に咲いている水仙を飾り、鏡を置いてみました。

写真右側 : After

甘く優しい香りに包まれが玄関は、鏡の効果で明るく空間に広がりも感じられます。また、もし不要なモノを置くと、今まさに置こうとする自分の姿も映りこみます。「これはカンタンに置けなくなるわね!」と知人も笑っていました。時々、出掛けようとドアを開けたところで速達や回覧板がまわってきたりすることもありますね。
その際は無理せず仮置きをしますが ”次に玄関に入った時には移動させる”など自分に合った時間ルールを決めて定位置への移動を心がけましょう。ということで、腰高サイズ@玄関のすっきりポイントはただ一つ、
●仮置きゼロ!●
このために意識することは
・仮置きしづらいインテリア
・やむをえない仮置きは時間制限を設ける玄関は運気を底上げするパワースポットです。
さらに玄関のお片づけをすすめたい方は以下の記事もご参考くださいね。

すっきりした空間は習慣づけから。少しづつお片づけを進めてくださいね。

REFORM & RENOVATION CASE STUDYREFORM & RENOVATION CASE STUDY
  • リフォームの進め方
  • リフォーム体験記
  • スタッフ紹介
  • よくあるご質問
  • オフィシャルブログ
実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!実例集やコンセプトブック、パック商品のご案内など、ボリューム満載のカタログ集6冊セットを無料でお届けいたします!
対面でご相談いただけます
リフォームのご相談窓口はこちら
お電話でのご相談・お問合せ
0012-8984-90営業時間 10:00~18:00(水曜定休)
お電話でのお問い合わせはこちら

資料請求

お見積り
ご相談

トップへ戻る