USEFUL

ホーム > すまいのスタディ > リフォーム・リノベーションしたい > 「フラット35リノベ」とは?リノベーションでよくあるお悩み

「フラット35リノベ」とは?リノベーションでよくあるお悩み

「中古住宅+リノベーション」という組み合わせは、魅力的な住まいづくりで近年注目されている、マイホームの購入方法です。

新築の購入に比べて費用が抑えられることが多いという点において、家計に優しい方法といえます。ただ、そうは言ってもリノベーションに掛かる費用も、簡単に一括で支払えるという金額ではありません。
そのため、リノベーション費用にローンの借り入れを行う方も多いでしょう。

そこで、中古住宅をリノベーションしようと考えているなら、「フラット35リノベ」という、新しい住宅ローンの制度に注目です。
条件をクリアできれば金利が一定期間引き下げてもらえるメリットがあり、「中古+リノベ」をお考えの方なら必見です。

今回は、リノベーションで利用したい「フラット35リノベ」について、「フラット35」、「フラット35S」との違いについても触れながらご説明していきます。

そもそも「フラット35」とは?

マイホームを購入する人が検討する「住宅ローン」商品のひとつが「フラット35」です。民間の金融機関が単独で展開する住宅ローンとは少し違います。

分かりやすく言うと「民間の金融機関」と「住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)」がタッグを組んで展開しているローンです。

「フラット35」は、「長期間にわたり固定金利で借り入れる」「勤務形態や勤務年数に制限がなく多様なニーズに対応可能」「団体信用生命保険に加入するのは任意」などのメリットがあり、マイホーム購入をする人の多くが利用しているメジャーな住宅ローンです。

「フラット35S」と「フラット35リノベ」の違い

前項で説明した「フラット35」には、「フラット35S」という特別な制度があります。さらに、このたび新設された「フラット35リノベ」というものも…。

これらについての違いを説明していきます。

“新築”or“中古住宅”の購入で適用される「フラット35S」
「フラット35S」を簡単に言うと、すでにある「フラット35」の金利をさらに優遇した特別プランです。
プランを利用するためには、「省エネ」「耐震性」「バリアフリー」など、性能の高い家という条件を満たさなければならないのが「フラット35」との違いです。
引下げプランには2パターンあって、購入後、10年間あるいは5年間金利が引き下げられます。

期間は2019年3月31日までの申込み受付で、新築住宅、中古住宅のどちらでも適用可能です。

“性能向上リフォーム済の中古住宅”の購入で適用される「フラット35リノベ」
「フラット35リノベ」は、「リノベ」というネーミングからも分かるように、新築住宅を購入するときは適用されません。

また、リノベ内容にも条件設定があり、「省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性」のどれかの性能についてアップさせることが求められます。

「フラット35リノベ」が適用されるのは、「個人的に中古住宅を購入後、性能アップのためにリフォームする」あるいは「住宅事業者が性能向上リフォームを行った中古住宅を購入する」という2つのパターンとなります。

期間は2019年3月31日までの申込み受付分まで適用。
「性能アップした中古住宅」に興味がある人は検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、具体的に性能向上リフォームの内容についてご説明します。

性能向上リフォームとは

「フラット35リノベ」で適用になる性能向上リフォームについては、次のようなものです。

省エネルギー性
「住まいの熱を逃がさない」、あるいは「外の暑い空気を住宅に侵入させない」ためのリフォームです。代表的な例としては、性能の高い断熱材を入れたり、断熱性のある窓へ交換したりなどです。

耐震性
築年数の古い中古住宅は、旧耐震基準に沿って建てられていると耐震性が低いものですが、体力壁を追加することで耐震性を高めることができます。

バリアフリー性
段差のある家は、住んでいる人がつまずいてケガをするリスクがあります。そのため、バリアフリー性を高めるなら「段差の解消」に着目した工事が主流です。

また、将来に車椅子になったときのため、お手洗いを広くするのも性能向上リフォームのひとつ。そのほか、階段や浴室に手すりを設けるなどもバリアフリー性を高めるリフォームと言えます。

耐久性・可変性
浴室を在来工法浴室からユニットバスに変更する、木材に防腐剤や防蟻処理をおこなうなどで、住宅の耐久性・可変性を向上させます。

リノベするなら「フラット35 リノベ」を検討しよう

「フラット35リノベ」は、性能アップにこだわったリフォームにより、一定期間金利が下がる嬉しい制度です。金利が下がることで、総支払費用も大きく減り、家計にも優しいですね。

ただ、「2018年4月1日から2019年3月31日までの申込受付分に適用」と適用期間が決められている点には注意。また、期間内であっても予算金額に到達すれば早めに受付が終わってしまいます。
そのため、現在「中古住宅+リノベーション」という形を考える場合は、早めに検討することをおすすめします。

マイホーム購入で新築ではなく中古住宅を考えている人。
そして「リノベ」によって住宅の性能を高めたいと考えているなら「フラット35 リノベ」を利用してみてはいかがでしょうか。

ホーム > お役立ちコンテンツ > リフォーム・リノベーションしたい > 「フラット35リノベ」とは?リノベーションでよくあるお悩み

住まいのご相談は阪急阪神すまいのコンシェルへ 住まいのご相談は阪急阪神すまいのコンシェルへ

「 阪急阪神すまいのコンシェル」は、阪急阪神沿線を中心に、マンション、戸建、リノベーション住宅のほか、不動産売買やリフォーム、資産活用にいたるまで、住まいに関するあらゆる情報をフルサポート。あなたの人生の頼れるパートナーとして、住まいと暮らしをより良くするお手伝いをします。

                   

リノブルーム

リフォームプラス

CONTACT US

  • ウェブからのお問い合わせ


    ご相談予約・
    お問い合わせフォーム

    住まいに関することならお気軽にご相談ください

  • 電話でのお問い合わせ


    0120-8984-23
    ※携帯電話からでもご利用可能です。

    営業時間11:00〜19:00定休日毎週水曜、年末年始等

  • カウンターでのご相談


    カウンターでの
    ご相談・ご来店方法

    阪急梅田駅直結。ショッピングのついでに、
    お仕事帰りに、お気軽にお立ち寄りください。