USEFUL

ホーム > すまいのスタディ > 買いたい > 購入派と賃貸派のメリット・デメリットまとめ

購入派と賃貸派のメリット・デメリットまとめ

これからの長い人生、みなさんはどのような家に住みたいと思いますか?
「マイホームを購入したい。」「住宅ローンが嫌だから賃貸がいい。」などいろいろな考え方があるでしょう。しかし、本当のところ「購入」と「賃貸」どちらが自分に合っているのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。

思い切って購入したけど、やめておけばよかった…と後悔しないようにしたいものです。家を探している方はどうやって家を「購入」または「賃貸」を決めたのでしょうか。メリット・デメリットをみながら一緒に考えていきましょう。

 

購入派・賃貸派のメリット&デメリット

多くの方が気になる「購入」「賃貸」のメリット&デメリット。それぞれどのようなものがあるのかご紹介します。

購入派のメリット
(1) 資産として残すことができる
家を購入した場合、住宅ローンを払い終われば資産として残すことができる。

(2) 新しい設備がそろっている
新築の家を購入した場合、新しい設備で生活を始めることができます。
分譲物件の方が賃貸物件に比べ、構造面・設備面がしっかりしている物件が多いです。(永住使用)

(3)自由に手を加えられる
将来家族が増えた場合、減った場合も、部屋の数を変えることができます。ライフスタイルに合わせて柔軟に手を加えられます。(※一部制限はあります)

(4)住宅ローンを借りている人に万一のことがおこった場合、支払いの補償がある
多くの金融機関では、団体信用保険の加入が義務付けられています。もし、借りている人が高度障害、または亡くなった場合、残りの住宅ローンが銀行に支払われます。

(5)住宅ローン減税の優遇を受けられる
住宅ローンを借りると、10年間住宅ローン減税の優遇を受けられます。戻ってくる金額は、年末のローン残高に対して1%が10年間戻ってきます。(※税制が改正されて期間・料率の変更や、減税されない場合もあります)

(6)将来に向けてお金の管理がしやすくなる
固定金利を選択された方は、住宅ローンの支払額を固定化できるため、子供の教育費や老後の費用など支払いの計画をたてやすくなります。

購入派のデメリット
(1)固定資産税と都市計画税を払い続けなければならない
家を売却しない限り、固定資産税を払い続けなくてはいけません。固定資産税は、固定資産税評価額と標準税率(1.4%)(新築時に条件はありますが、特例で軽減されることがある)を掛け合わせた額です。固定資産税評価額は、課税明細書に記載されています。

(2)頭金や諸費用など初期費用がかかる
頭金がなくても家を購入できますが、購入価格の1割から2割はあった方がいいといわれています。また、不動産会社に支払う諸費用は購入価格の3~7%かかります。

(3) 売却する場合、費用や時間がかかるケースもある
家を売る場合、条件によってはすぐに売れない場合もあります。さらに、家が古くなったら水回りのメンテナンスや外壁や内装などリフォームが必要です。
ただし、最近は中古住宅を購入して、自分で理想のリフォーム・リノベーションを希望する方も多く、売却時にリフォームをしてしまうと、その代金が上乗せされると感じられる方もいるので注意が必要です。どちらがいいか迷ったときは、信頼できる不動産業者に相談して決めると良いでしょう。

(4)支払いが困難になっても支払わなければならない
もし仕事を失った場合や病気になった場合、住宅ローン返済支援保険などに加入していると、返済をサポートしてくれます。又は、借入先の金融機関に相談してみましょう。

賃貸派のメリット
(1)ライフスタイルの変化に対応しやすい
住んでいる家が古くなったら、新しい家に引っ越すことができます。また、転勤などで引っ越さなければいけない場合も、家の管理の心配をする必要がありません。

(2)古くなってもメンテナンスの必要がない
賃貸であれば、家が古くなっても自分で費用を負担する必要がありません。貸主にいえば、補修してくれることもあります。

(3)初期費用があまりかからない
購入に比べて、初期費用がほとんどかかりません。賃貸の場合、敷金・礼金など数十万円を払うと家を借りることができます。また将来、一部返ってくることもあります。

賃貸派のデメリット
(1)自分の資産にならない
賃貸であれば、どれだけお金を払っても自分の資産として残すことができません。

(2)変化=引越しが基本になる
ライフスタイルに合わせて、部屋のリフォームができません。部屋が手狭になったら引越しをする必要があります。

(3) 古くなっても自分好みにリフォームできない
賃貸は比較的古い設備が多く、住居によっては質が良くない物件もあります。新しくしたいと思っても、自分の都合で変えることはできません。見た目はきれいにリフォームされていても、見えない部分に不具合が起きることもあります。

(4)税制に優遇制度がない
自分の物件ではないので、税制の優遇制度はありません。毎月、決まった額をずっと支払い続けなければいけません。

 

購入か賃貸を選ぶときに気になるポイント

家を購入または賃貸のどちらにしようかと悩んでいる方が、特に気になっているポイントは以下のことが多いようです。

今の賃貸と同じ家賃で、どのような家が購入できる?
家賃の合計額で一般的な家が買えるといわれていますが、頭金の額や家の購入額によって住宅ローンの支払額は異なります。一般的に住宅ローンを組む年数は20年~35年が多く、毎月の支払いの他にボーナス払いを選択する方もいます。また、住宅ローン以外にも管理費や修繕積立金、将来のリフォーム代など住居費とは別に維持費用のことも考えておく必要があるため、詳しく知りたい方は一度お気軽にご相談ください。

購入したら何年ぐらい住める?
一戸建てよりもマンションの方が寿命が長くなると考えられています。国土交通省の資料によると、構造体としての効用持続年数は木造住宅の場合は64年、またマンションの場合、鉄筋コンクリート部分は120年と書かれています。ただし、コンクリートの強度は物件ごとに異なるので一概には言えません。また、その建物の設備やメンテナンスによって変わります。
https://www.mlit.go.jp/common/001011879.pdf
その一方で、「固定資産台帳の滅失データを基に、区間残存率推計法を用いて、家屋の平均寿命(残存率が50%となる期間)を推計した結果(2011年調査)によると、 RC(鉄筋コンクリート)系住宅は68年※という指摘もあります。しかし、実際には耐用年数の限度まで使われることは少ないのが現状です。
※小松幸夫(2013)「建物の平均寿命実態調査」

 

まとめ

家を購入するか、賃貸にするかは多くの方が悩む問題です。
大事なことは、どちらが自分や家族のライフスタイルに合っているのか、ということ。
それぞれのメリットやデメリットも把握しつつ、賢い選択をしていきましょう。

ホーム > お役立ちコンテンツ > 買いたい > 購入派と賃貸派のメリット・デメリットまとめ

住まいのご相談は阪急阪神すまいのコンシェルへ 住まいのご相談は阪急阪神すまいのコンシェルへ

「 阪急阪神すまいのコンシェル」は、阪急阪神沿線を中心に、マンション、戸建、リノベーション住宅のほか、不動産売買やリフォーム、資産活用にいたるまで、住まいに関するあらゆる情報をフルサポート。あなたの人生の頼れるパートナーとして、住まいと暮らしをより良くするお手伝いをします。

                   

リノブルーム

リフォームプラス

CONTACT US

  • ウェブからのお問い合わせ


    ご相談予約・
    お問い合わせフォーム

    住まいに関することならお気軽にご相談ください

  • 電話でのお問い合わせ


    0120-8984-23
    ※携帯電話からでもご利用可能です。

    営業時間11:00〜19:00定休日毎週水曜、年末年始等

  • カウンターでのご相談


    カウンターでの
    ご相談・ご来店方法

    阪急梅田駅直結。ショッピングのついでに、
    お仕事帰りに、お気軽にお立ち寄りください。